着るものに興味がない


私は恥ずかしながら着るものにあまり興味がありません。(女性の楽しみを放棄しているといわれそうですが・・)

TPOに応じ、清潔感があり着心地が良い服装であればOKというタイプです。

人にとって、特に女性にとっては重要と考えられているファッションについて、ふとこんなサービスがあればいいなと思ったことを今日は書いてみたいと思います。

ファッションにかけるお金・時間

普段気にしていないことですが、私たち、特に女性はファッションに時間とお金を結構かけているのではないでしょうか。

  • 雑誌やテレビ、ネットなどでトレンドを確認
  • 現在の自分のストックを確認し足りないものをリストアップ
  • お店をリサーチ(又はネットでお気に入りの通販店を検索)
  • お店(ネット)を訪問して服を選ぶ(お店の場合は試着する)、購入する
  • (ネット通販の場合)送られてきたものを試着、場合によっては返品

と、考えてみると結構時間をとられています。

選択肢が多いというのはいいことかと思いますが、私のようにあまり興味のない人間にとっては

「あまりお金と時間をかけずに、それなりに自分に合った服装がしたい」

と思ってしまうのです。

データ解析と人口知能を使って

そこで思いついたのが、自分の基本情報(身長・体重・肩幅・座高など)や好み(素材・テイストなど)をあらかじめ伝えておいて、その情報を解析して毎月予算内の服を提案してくれるサービスです。

好みの内容は例えば女性の場合、

  • フェミニン系
  • ボーイッシュ系
  • パンツ派
  • スカート派
  • 暖色系
  • 寒色系
  • 可愛い系
  • 大人っぽい系
  • コンサバ系
  • ロリータ系
  • 素材(夏だったら麻、冬だったらカシミヤなど)

などなるべく細かく指定します。(客観的な意見も入れるとよりベター)

あらかじめ自分の基本情報と写真を送っておけば、マイページなどで3Dで候補の服の着せ替えを行うことができて、自分に合うかどうかを視覚的に確認ができるようなサイトが準備されます。(モデルではなくて自分が着たところをイメージできるのがポイントです)

候補の中で気に入った服があれば購入ボタンで購入できて、候補の服の満足度や感想を送信できるようなフォームがあるのが理想です。

専門のバイヤーやスタイリストなんていたら芸能人並みの費用になってしまうかと思いますが今はインターネットを利用したデータ解析機能と人工知能機能があります。流行している服や個人の詳細な好みのデータを使って候補の服をいくつか挙げるのは簡単なのではないでしょうか。何度も利用すれば人工知能が学んでいってより好みに合わせたファッションを提案してくれるような仕組みです。

妄想は続く・・

普段の服だけでなくフォーマルな恰好や、男性だったらスーツやシャツ、ネクタイなどのコーディネートサービスも面白いなあと思いました。

このように色々と妄想してみたものの、今の時点ではファッションを自分で選んで楽しむ人が多数派だろうなというところに落ち着きました。

でもいつかは上記のような「ファッションコンシェルズサービス」ができることを願って・・今日も着るものに悩みます^^;;

編集後記

今日は税理士会主催の「話し方講座」を受講しました。

講師はフリーアナウンサーの方でした。

さすがプロの方で、抑揚があって品があって姿勢が美しくて・・とても参考になりました。

腹式呼吸ってやってみると結構難しく、息が全然続かなかったです。

ただこちらは訓練をすれば上達するようです。

書く力とともに話す力も今後つけていきたいと思います。


横浜市西区のクラウド会計専門「戸村涼子税理士事務所」

クラウド会計導入支援、ネットビジネス・海外取引に力をいれております。主に個人事業主様・中小企業の社長様・副業を行っているサラリーマンの方向けにサービスを提供しております。 事務所ホームページはこちら 代表プロフィール 事務所の特徴
【主な業務内容】
税務顧問
・スポットサービス
決算・申告サービス
クラウド会計ソフト導入支援
対面相談
メール相談
少人数セミナー



<広告スペース>