AppleのAirpods Proは集中力革命。3万円出す価値はあります

AppleのAirpods Proは集中力革命。3万円出す価値はあります
Pocket

先日、AppleのAirpods Proを買いました。

コードレスのイヤホン自体初めてで、ワクワクして到着するのを1ヶ月待ちました。

AirPods Proを購入 – Apple(日本)

(2020年2月現在も1ヶ月待ちのようです)

使ってみて、革命と言えるくらい集中力がぐんとアップし、

もはや手放せなくなっています。

お値段は3万円ちょっとで、安くはありませんが

妥協して中途半端なものを買うのであればAirpods Pro、お勧めします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

iPhoneに付属のイヤホンを使っていました

今まで使っていたイヤホンはiPhoneに付属していたもの。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

イヤホンに全然こだわりはなかったので

これで十分と思っていました・・。

ただ、

  • 聞けることは聞けるけど、外の雑音は入ってくる
  • コードが絡まってイライラする
  • 外でイヤホンをつけているとコード部分が悪目立ちする

などが気になっていました。

そこで、巷で話題となっていたAirpods Proを

まあ買ってみるか、と気軽な気持ちで買ったところ。

その効果を大きく感じられました。

集中力革命:ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリングは元々知っていましたが、

そこまで期待はしていませんでした。

しかし使ってみてびっくりです・・本当に世界が変わりました。思い込みはダメですね。

ノイズキャンセリングに切り替えた途端、あたりが静まり返って自分だけの世界に入り込めます。

特に、車、電車、飛行機などの重低音に強い気がしました。

一方で、人の話声(特に、高い女性の声)に関しては防ぎきれない感じはしました。

とはいえ、今まで無料のイヤホンの機能しか知らなかった私にはもはや革命で、

家でも、外でも集中力を確保するのに欠かせないものとなりました。

操作が簡単で、いつでも集中力モードに

コードありのイヤホンのときはiPhoneを出して、操作して・・といったことが必要で

億劫だったのですが、

Airpods Proはイヤホンを1回押す、2回押す、3回押すといった使い分けで

モード(ノイズキャンセリングあり・ノイズキャンセリングなし・外部音取込)を切り替える、

音量を調節、曲をスキップできます。

また、Siriで「次の曲」と声で伝えることで操作もできます。

特に外ではこの簡単操作は絶大で、いつでも集中力モードに入れるようになりました。

コードが無いのはやはりスマート

私は今健康のためになるべく歩くようにしているのですが、

ただ歩くのではつまらないのでAudible(耳で聞く本)やPodcast(ラジオのようなもの)を聞いて歩いています(もちろん人や車の少ない安全な道です)。

今まではコードがついていたので、

コード部分の悪目立ちが気になっていました(外で音聞いて歩いてるんじゃない!と言われそうで)。

今はコードレスのAirpods Proなので、

つけているかどうかも分かりづらいのが気に入っています。

サイドの髪を下ろせば、隠せます。(男性は、難しい?)

コードからの開放も、使ってみないとなかなか分からない大きな効果でした。

(なお、外歩いているときにノイズキャンセリングモードは非常に危険なので、「オフ」か「外部音取込」にしましょう)

 

まとめ

Appleのコードレスイヤホンが集中力革命となったので実況しました。

集中力の阻害になっているものって、やはり音が多いと思うんですよね。

会社に一人ひとつずつ提供すれば効率化がすごく進むと思うのですが・・電話があると難しいですかね。

買って本当によかった、と思えるものでしたので

イヤホンが気になる方は是非。

 

編集後記

昨日は、ネイルサロンの経営を行っている方に向けクラウド会計導入と確定申告コンサルティングを行いました。

是非続けてもらいたいと思います。

 

最近のあたらしいこと

とある会社のメールマガジンに執筆


【税務メニュー】

単発決算・申告
単発税務相談
単発税務メール相談

【コンサルティングメニュー】

クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング


<広告スペース>