Jewelry ∞ Life

時間・場所に捉われない自由な働き方を応援するブログ

お勧め本 税理士

[お勧め本]「『数字』が読めると本当に儲かるんですか?」古屋悟司著

投稿日:


私は最近会計・税務の専門家でない人が書いた会計本を好んで読んでいます。

先日読んだのがこちら。

今までも何冊か専門家でない人の本を読んできましたが、こちらの本はその中でも分かりやすく、そして奥が深い内容だと思いました。

(ストーリーの途中で公認会計士の案内人が補足説明してくれています)

読んでみた感想・良かった点を書いてみます。

ストーリーが実話なので説得力がある

大体こういった本の内容は分かりやすくするためにフィクションが多いのですが、この本は実話なのでとても説得力があります。

この本を書いた古屋悟司さんという方は「ゲキハナ」というお花のネットショップを運営されている方です。

売上至上主義で赤字体質、数字に疎かった経営者が様々な試練を乗り越えていく過程が生々しく描かれています。

値上げした直後、お客さんが離れていって売上が落ち、資金繰りに困窮して・・という場面はリアルすぎて怖くなりました。

実話だからこそ伝わってくる臨場感がこの本にはありました。

全くのフィクションだったらこんなに引き込まれる内容ではなかったかもしれません。

専門用語が少ない

当たり前の話ですが、この本は専門家が書いていないので専門用語が少ないです。

我々専門家にとっても専門用語だらけの本は疲れますし、面白くありません。

会計を知らない方であればなおさらでしょう。

例えば、管理会計用語で売上から変動費(売上に変動して発生する費用)を差し引いた金額を「限界利益」と言いますが、

この本ではそれを「儲けパワー」と書いていました。

とても分かりやすいですよね。

この本のキーとなるのがこの儲けパワーです。

売上だけ重視していても、儲けパワーは上がっていかない。

それを会計を知らない人にも実話を交えて丁寧に説明しています。

素朴な疑問に答えてくれる

商売における素朴な疑問にもこの本は答えてくれます。

著者である古屋さんは「値下げをすれば売れる」と思っていました。

一見すると正しそうに感じます。

それをこの本に出てくる凄腕税理士(実在する?)が一喝します。

高くても、払いたいお客様はいる、と。

詳しくは本の内容に譲りますが、普段事業を行っている自分自身にも響いてくる内容でした。

そもそも利益とは何か?そもそも商売に必要な視点は何か?・・といった素朴な疑問に関してこの本は深い示唆を与えてくれます。

専門家としての気づき

この本を読むことにより専門家としての気づきもありました。

以前、勤務していたときに会社内で管理会計の研修を受ける経験がありました。

そのときに、

「税理士は管理会計なんて必要ないよね」

と言っている人がいました。

確かに、税理士は会計・税務のプロであって経営のプロではありません。

経営に関する知識は試験内容にもありません。

しかしだからといって資金繰りに苦労している経営者を見て

「売上をもう少し増やせれば・・」

なんて場当たり的なアドバイスしかできないのもどうかと思います。

管理会計と聞くと大規模な法人にしか関係なさそうに感じますが、中小企業にこそ必要な発想だと思っています。

専門家としての気づきもこの本は与えてくれました。

まとめ

専門家でない人が書いた管理会計の基本が学べる、「『数字』が読めると本当に儲かるんですか?」を紹介しました。

こういった実際の起業家が書いた実話本、もっと出てほしいなと思います。

会計の専門家が書いた本は、分かっていることを前提としているし実際に自分が経験したことに基づいた内容ではないためどうしてもリアルさに欠けます。

これから事業を起こす人、実際に事業を行っている人に限らず我々専門家にも深い示唆を与えてくれる秀逸な本です。是非ご一読ください。

編集後記

よく仕事で利用していた近所のカフェが閉店していました。

インターネットも繋げたし重宝していたのでショックです・・。

横浜は混んでいるカフェが多いのでまたカフェ探しに奔走します。


横浜市西区のクラウド会計専門「戸村涼子税理士事務所」

クラウド会計導入支援、ネットビジネス・海外取引に力をいれております。主に個人事業主様・中小企業の社長様・副業を行っているサラリーマンの方向けにサービスを提供しております。 事務所ホームページはこちら 代表プロフィール 事務所の特徴
【主な業務内容】
税務顧問
・スポットサービス
決算・申告サービス
クラウド会計ソフト導入支援
個別相談

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-お勧め本, 税理士

執筆者:

関連記事

顧問料の対価性について

顧問料の中身は事務所によってそれぞれ 税理士業界にとって「月額顧問料」という言葉は当たり前のように使われています。 一口に顧問料といっても、 毎月の訪問の有無 給与計算・年末調整等の付随業務の有無 決 …

理想の税理士事務所

税理士事務所は、主従関係が色濃く残っています。 また、低賃金、サービス残業が横行しており税理士事務所はどこも人材難となっています。 資格取得、独立を目指して働いていた人達もいつしか疲弊してしまいます。 …

ふるさと納税で注意すべき点

個人の税金でよく話題に出てくるのが「ふるさと納税」です。 個人で寄付をしたら、税金上お得になって、更に特産品なんかがもらえる・・そういった漠然としたイメージがあるのではないでしょうか。 今日は、ふるさ …

個人事業主の消費税の納税義務と計算方法

個人事業主の方にとって消費税は 「いつから納めなければならないのか」 「どのくらい納めなければいけないのか」 など様々な心配の種となっているのではないでしょうか。 今日は個人事業主の消費税の納税義務や …

税理士に地域ごとの税理士会が存在する意味を考えてみた

昨日、私が所属する税理士会の支部の定期総会に出席してきました。 平成28年度の事業活動報告や決算承認、役員改選、平成29年度の予算決定などがメインでした。 税理士会の役割 税理士は、資格をとっても業務 …

戸村 涼子
ファイル 2017-03-24 15 12 37

30代税理士。横浜市在住。
クラウド会計専門。ネットビジネスに強み。主に副業を行っているサラリーマン、フリーランス、小規模ベンチャーのお手伝いをさせていただいております。
既存の税理士業業界に常に疑問を持ち税理士としてどのように社会貢献していくか日々模索中。
オフィシャルページはこちら

スポンサーリンク