Jewelry ∞ Life

時間・場所に捉われない自由な働き方を応援するブログ

経理全般

中小企業・上場企業の経理業務の違い

投稿日:2016年5月27日 更新日:


プロフィールにも書いていますが、私は外資系数社(中小企業含む)の経験と上場企業での経理経験があります。

一口に一般企業の経理業務といってもその範囲は企業によって、特に中小企業と上場企業とでは範囲がかなり異なります。

あくまで経験談ですが、中小企業と上場企業で行われてる経理業務の違いについて私の考えを書いてみたいと思います。

中小企業での経理業務

業務の大まかな流れは以下の通りです。

(月中)日常仕訳、経費精算チェック、銀行振込手続、給与計算、税理士・社労士打ち合わせ、その他雑務

(月末・月初)月次決算処理、財務諸表作成、親会社への実績、資金繰り、予算等の報告

(年度)各商事法務(株主総会議事録作成等)、年次決算、税務申告必要書類準備、棚卸等

上記で見た通り、中小企業での経理業務は通常の経理業務だけでなく業務範囲が広いのが特徴です。

大企業のように総務部が分かれていないところが多いので、給与計算や人事業務、クレーム対応なども日常の経理業務と同時にこなしていく必要があります。

(月中に臨時の仕事があって月末まで一つも仕訳が打てなかった時もありました・・)

ただし経理業務に限っては簿記2級程度と消費税の知識がある程度あればこなせる業務が多いと思います。

中小企業の経理はそれほど複雑な取引もありません。

また、基本的な簿記知識に加え会社の数値を知り上司や経営者からの質問に対して迅速に対応できる能力が必要となります。

従って中小企業の経理業務はスピードとマルチタスク能力が問われることが多いと思います。

上場企業の経理業務

次に上場企業の経理業務の大まかな流れをまとめます。

(月中)経費精算承認処理、仕訳チェック、プロジェクト業務、税理士対応等

(月初・月末)月次決算処理(単体・連結)、財務諸表作成(単体・連結)、財務諸表分析(単体・連結)、上層部へ月次報告

(四半期)四半期財務諸表作成(単体・連結)、決算短信作成、四半期有価証券報告書作成、数値分析、開示書類作成、監査法人対応

(年次)年次財務諸表作成(単体・連結)、決算短信作成、年次有価証券報告書作成、数値分析、開示書類作成、監査法人対応、税務申告書ひな形作成・税理士法人提出

このように上場企業の経理業務は経理に特化した(より専門化した)仕事が中心ととなります。

月中は各部署が提出してくる経費を承認し、起票した仕訳をチェックするくらいで比較的時間に余裕があることが多いです。

ただし、上層部からのお達しで様々なプロジェクト業務を行うこともしばしばありました。例えば下記のようなものがありました。

  • 太陽光発電を購入した場合の資金回収シミュレーション
  • アジアに統括会社を設立した場合の税金メリットのシミュレーション
  • 移転価格税制に関する文書作成

このように上場企業ではルーチンワークは抑えられ数値の分析やシミュレーション業務こなすことが多いです。

四半期、年次には通常の月次決算の他決算短信と有価証券報告書を提出しなければならないため時間との闘いとなります。連結子会社との決算業務の調整も重要となります。

開示する資料はダブルチェックならず何人もの人の目を通じて厳しくチェックされるためきめ細かい観察眼が必要とされます。(句読点や表の位置まで・・)

求められる知識も簿記2級レベルではすべて行うのは難しく、連結決算やキャッシュフロー、税効果会計の知識など専門的なものが要求されます。

従って上場企業の経理業務は業務の正確さと専門知識、他部署との調整能力が問われることが多いと思います。

まとめ

以上、中小企業と上場企業の経理業務の違いをまとめてみました。

これから経理職を目指す人・経理職に興味のある人にとって少しでも参考になりましたら幸いです。

一口に経理業務といっても企業によって業務は様々です。

個人的には幅広く経験できる中小企業での経験のほうが今に役に立っているような気がします。

上場企業の経理業務は上記で示した通りより深い(ニッチな)知識が必要となります。

そうはいうもののコアとなる知識(簿記や税金)があって学んでいく気力があればどこでも通用できるはずです。

編集後記

マンションだからといって油断していたところ畳の下からゴキ〇リが出てきて大騒ぎ。

最近の殺虫剤は噴射力がすごく遠くまで飛んで女性でも十分使えますね。

焦りながらもそんなことを考えていました。

これからの季節、食べ物などのごみにも気を付けたいと思います。


横浜市西区のクラウド会計専門「戸村涼子税理士事務所」

クラウド会計導入支援、ネットビジネス・海外取引に力をいれております。主に個人事業主様・中小企業の社長様・副業を行っているサラリーマンの方向けにサービスを提供しております。 事務所ホームページはこちら 代表プロフィール 事務所の特徴
【主な業務内容】
税務顧問
・スポットサービス
決算・申告サービス
クラウド会計ソフト導入支援
個別相談

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-経理全般

執筆者:

関連記事

会計は専門家のためではなく経営者のためにある

毎月難しい経営指標が並んだ帳票をただ渡す仕事への疑問 大学卒業後、最初に勤めた会計事務所でのことです。 その事務所はTKCに所属していて、毎月顧問先の決算書や細かい経営指標が記載された帳票を打ち出して …

外資系企業で働くということ

プロフィールにも書いていますが、私は税理士の資格を取る前に8年程度、計4社外資系企業で経理の仕事をしていました。 そして税理士資格を取って勤めた税理士法人も国際税務を得意とするところで英語の使用頻度が …

外資系企業の英文経理ってどういう仕事?

昨日久しぶりにGoogle Analyticsを見ていたところ、このブログが 「外資系企業 経理」 というキーワードでも検索されていることが分かりました。 私は税理士業界に入る前に、約7年程外資系企業 …

数値をリアルタイムで把握することは経営管理・家計管理に必須

開業して1年たち、様々なお客様の悩み事を聞いてきました。 そこで気づいたのが、 「リアルタイムで数値を把握し、経営に役立てたい。」 という方が多いことでした。 リアルタイムの数値を把握し経営に生かした …

戸村 涼子
ファイル 2017-03-24 15 12 37

30代税理士。横浜市在住。
クラウド会計専門。ネットビジネスに強み。主に副業を行っているサラリーマン、フリーランス、小規模ベンチャーのお手伝いをさせていただいております。
既存の税理士業業界に常に疑問を持ち税理士としてどのように社会貢献していくか日々模索中。
オフィシャルページはこちら

スポンサーリンク