動画共有サイト『Vimeo(ヴィメオ)』利用をお勧めできるケース。

動画共有サイト『Vimeo(ヴィメオ)』利用をお勧めできるケース。
Pocket

【2020年10月、11月開催 オンラインセミナーについて】
10月、11月に2つセミナーを開催します!
日程は2つのうちいずれかを選択できます。
ご興味ある方はどうぞ。

日付内容
2020/10/17(土)、2020/11/21(土)クラウド会計freeeで確定申告をしたい個人事業主のためのWebセミナー
2020/10/3(土)、2020/10/17(土)独立5年目のひとり税理士が語る!小さくても生き延びる秘訣Webセミナー

先日、動画を販売するサイトを作りました。

(商品はまだ1つだけです)

フリービズコンサルティング販売ページ – フリービズコンサルティングのサービスを販売するページです。

動画は、購入者の方に送るのではなく

動画共有サイト『Vimeo(ヴィメオ)』に誘導する方法をとりました。

そこで、Vimeo利用を検討している方に

お勧めできるケース、Youtubeとの違いなどを

説明したいと思います。

 

ファイル送付にしなかった理由

デジタルコンテンツを販売したいときに、

ファイル(MP4等の形式)で送ることも考えました。

ただ、どうしても動画で1時間超のものですと簡単に数百MBいってしまいますし、

購入者の方のPCに負荷をかけることがためらわれたので、

ファイル送付ではなくVimeoを使った動画共有という方法をとりました。

動画共有サイトVimeoとは

Vimeoは、2004年アメリカ発の動画共有サイトです。

日本ではあまり知名度はありませんが、

アメリカではYoutubeに並ぶメジャーなサービスです。

特色は、以下のとおりです。

投稿者が料金を支払う

Vimeoを利用するためには、動画投稿者が料金を支払う必要があります

ここがYoutubeとの大きな違いですね。

一応無料コースもありますが、アップロード容量が週に500MB、総容量は5GBまでです。

実質的に無料では難しくPlus(月々700円)以上のコースに入る必要があります。

引用:Vimeoのプラン

広告が流れない

上記のとおりVimeoは投稿者の料金で成り立っているため、

広告がないことが特色です。

画面も非常にシンプルな作りで、ごちゃごちゃしていません。

クリエイターが多数参加

Vimeoは投稿者がお金を払って投稿するため、動画のクオリティが高いのが特徴です。

クリエイターやデザイナーさんも多数参加しています。

外国の動画ばかりですが、見ていると楽しいです。

動画の作り方の参考にもなります。

プライバシー機能が充実

Vimeoはプライバシー機能が充実しています。

引用:プライベート動画を共有: Vimeoの安全な動画共有

例えば、動画にパスワードを付与することができます。

Youtubeの場合、「非公開」にしたとしてもURLを知っている人が見れてしまうので、

この機能は嬉しいですね。

また、動画の埋め込みもあらかじめ許可しているドメインのサイトからでなければできない設定も可能です。

例えば、自分の動画を他のサイトに埋め込みさせないようにすることができます。

置き換え機能が便利

「これ良い!」と思ったのが動画置き換え機能です。

Youtubeだと、一度アップロードした動画の訂正版をアップロードすると違うURLになってしまいますが、

Vimeoは「置き換え」によって同じURLで動画の更新ができます。

ですので、お客様に動画を共有したあと、

コメントを残したままで、

「ここは変えたいな」と思った場合には置き換えすることが可能です。

システムの操作レクチャー動画など、更新の多いケースには便利ですね。

Vimeo利用をお勧めできるケース

以上を踏まえて、Vimeoをお勧めできるケースを考えてみました。

閉ざされたコミュニティでの利用のケース

例えば有料の会員制のコミュニティなど、

閉ざされたコミュニティ内での動画共有にVimeoは向いています。

余計な広告やお勧め動画なども表示されないため、

動画の内容に集中してもらうことが可能です。

また、プライバシー機能も充実しているので、

安心してプライベートな空間での共有が可能です。

集客を目的としないケース

VimeoはYoutubeのような集客機能はありません。

ですので、お客様のターゲットがあらかじめ絞られており、集客を目的としない

ケースもVimeoは向いています。

例えば、既にターゲットが固まっている方です。

今回、私もこちらの理由からVimeoを利用しました。

広く知ってもらいたい、という目的ではなくある程度

ターゲット(税理士等)は絞られていたので用途に合っていました。

動画販売が直接の収益であるケース

Youtubeは集客が容易で、

視聴者数を増やせば広告収入を得ることもできますが、

Vimeoは広告収入一切なしです。(むしろ利用料を支払う立場)

このようなケースで意味がある場合とは、

既に見込みのお客様が存在し、動画販売が直接の収益であるケースです。

ですので前の2つの理由とも重複しますが、

既に会員制等でお客様がおり、又は見込みのお客様がいて

直接動画を販売することによって収益を上げる場合にも有効です。

 

まとめ

動画共有サイトVimeo利用をお勧めできるケースを書きました。

Youtubeは好きなんですが、どうしても気が散ってしまうので

広告無し、余計なお勧めなしのVimeoは使っていて新鮮でした。

動画を販売することに興味がある方は是非使ってみてください。

 

編集後記

週末は、圧力鍋のストゥブで豚の角煮に挑戦。

トロトロで美味しかったです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

久しぶりに、蒲田のユザワヤへ行ったら人が多すぎて・・

諦めてすぐに帰りました。

 

最近のあたらしいこと

Woocommerce+Vimeoでデジタルコンテンツ販売

ストゥブで豚の角煮

ホットクックでトマトリゾット


【税務メニュー】

税務顧問
単発決算・申告
単発税務相談
単発税務メール相談

【コンサルティングメニュー】

クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング

【動画販売】

フリービズコンサルティング販売ページ

【Youtube始めました(毎週水曜日更新)】

ひとり女性税理士チャンネル


<広告スペース>