「全力で頑張る」ことは本当に必要?持続可能な生き方をするために

「全力で頑張る」ことは本当に必要?持続可能な生き方をするために
Pocket

年末が近づくにつれ、

「あともうちょっとで休み」

「追い込みをかける」

「ラストスパート」

「全力で頑張る」

といった言葉を見かけるようになりました。

私自身も、独立前は特に

「年末までにこれをやってあれをやって・・年末年始は思い切りゆっくりしよう」

と考えていました。

その結果どうだったか。

年末はラストスパートをかけるために仕事や雑事に追われ、休み中はダラダラしただけ、休み明け後はまた溜まった仕事に追われ・・

という惨憺たるものでした。

独立後、「追い込み」「ラストスパート」「全力」など、無理して頑張ることをやめました。

「無理するくらいだったら、日々少しずつ頑張ればいいじゃん」

と思うようになりました。

※名古屋出張中、ホテルの隣のビルの明かりは夜22時以降も消えることはありませんでした※

全力で毎日頑張る人は信用できる?

「全力で頑張る」という言葉は以前から違和感がありました。

仮に私が誰かに仕事をお願いして

「全力でがんばります!」

と言われたら、少し心配になります。

なぜなら、人間ですし全力で毎日頑張ることはできないからです。

ある日突然電池切れを起こすくらいであれば、

日々少しずつ頑張る、そしてできないことはきちんとできないと言う。そういった人のほうが信頼できます。

私自身もできないことはできないとはっきり言います。

「断ること」は信頼できる人間になるために必要です。

日々少しずつ頑張ったほうが持続可能な生き方ができる

人の性格にもよると思いますが、

追い込みやラストスパートなどのように

一時期に集中して何かを取り組むよりも、

毎日少しずつ頑張ったほうが

持続可能な生き方ができるし、結果もついてくると思っています。

(受験勉強など明確な目標がある場合は追い込み、あると思いますが)

私自身も、「税理士は冬は繁忙期」といったスローガン?はもう捨てています。

「今の時期、忙しいですよね?」と言われても「いえ、忙しくありません」と

答えています(本当に忙しくしていないので)。

一定時期に「頑張る」こと自体、身体や心に負担がかかりますし

今後も働き続けることを前提とすると無理は絶対にできません。

日々、無理しない程度に少しずつ頑張っています。

そうでもしないと持続可能な生き方はできないと思っています。

(ある日ぽっくりいってしまったら息子に申し訳ない)

日々淡々とタスクを積み上げよう

「忙しくない」と書きましたが、だからといって普段のんびりしているかというと、

そうでもなくて徹底的に無駄な時間(私にとっての)は排除し、自分なりのタスクをこなすようにしています。

自分なりのタスクとは、

  • 仕事を効率化するためのスキルアップ
  • 新たな仕事軸のための勉強
  • 人間力を上げるための勉強

です。

これらも夜ふかしするとか、無理して早起きするとか

といったことはせずに、日々マイペースに、少しずつ積み上げています。

クリスマス、お正月などの大型連休のときも関係なく

日々積み上げるのが継続できるコツです。

毎日の積み上げは自信にもつながります。

全力で頑張ることはやめて、日々無理なく、少しずつ頑張ってみませんか。

 

編集後記

昨日は、打ち合わせ1件、Skype個別相談1件。

個別相談は外国税額控除に関する相談でした。

年末が近づくにつれ確定申告関係の相談が多くなってきました。

 

最近のあたらしいこと

ドットインストールHTML、CSS、デベロッパーツールコース終了

Google Chrome拡張機能 Language Learning with Netflix


【税務メニュー】

税務顧問
単発決算・申告
単発税務相談
単発税務メール相談

【コンサルティングメニュー】

クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング

【動画販売】

フリービズコンサルティング販売ページ

【Youtube始めました(毎週水曜日更新)】

ひとり女性税理士チャンネル


<広告スペース>