マイナンバーの記載を忘れて申告してしまった件


昨日、同業者の方のブログで1月中に還付申告する人はマイナンバーの記載を忘れずに!という記事を見かけました。

1月中に還付申告をする人は、マイナンバーの記載を忘れずに! | 税理士 渡邉ともおによる節税と資産形成のブログ

題名を見て、

「うんうん、そうだな還付申告は1月からできるからもうマイナンバーが記載された申告書が続々あがってきているんだろうな・・」

と思った矢先、

「あれ?私マイナンバー入力したっけ?」

と不安になり。

私は今年度還付申告だったため、1月4日のe-tax開始日早々に提出しました。

確認したところ、どこにもマイナンバー入力箇所がないためそのまま提出してしまっていました。

このブログを見なければずっと気づかなかったでしょう。

再提出不要と言われ

申告書を郵送で提出している方は、申告書にマイナンバーの記載がなかったとしても、どっちにしろマイナンバーが分かる書類を一緒に郵送提出します。(直接提出の場合は窓口チェックが入るかも)

一方e-taxで提出する場合、マイナンバーが分かる書類の郵送はそもそも必要ありません。

そこでマイナンバーの入力を忘れてしまった場合の対応をどうするかが問題となります。

(そもそもマイナンバーの入力箇所がないシステムでは無理なのですが)

念のため最寄りの税務署に確認したところマイナンバーのヘルプセンターへお繋ぎします。ということ。

ヘルプセンターで事情を説明したところ、

「マイナンバーは必ず入力する必要はないので、今回再提出不要です、と聞いております」

とのお返事をいただき。

(でもあれほど「28年分以降の確定申告にはマイナンバーが必要!」って告知してるのに・・)

まあ、提出不要とは言われましたが再提出しても特に問題ありません。

一回目は税理士会のカードを使って提出しましたが、

結局マイナンバーと紐づけできるよう(可能かどうかは不明ですが)、マイナンバーカードを使って再提出しました。

 

システムが追い付いていない様子

1月中にe-taxで電子申告する人の中には、「あれ、マイナンバーどこに入力するんだろ・・」と疑問に思われる方がいるのではないでしょうか。

各税務署や問い合わせ先によって対応が異なるようです。(というか、問い合わせ先も混乱してました)

また、私は普段クラウド会計ソフトのMFクラウドを使っていますが、こちらもマイナンバーの入力にはまだ対応していないようです。

上述したとおり、国の電子申告システムであるe-taxソフトも1月現在マイナンバーに対応していません。

平成28年分以降の所得税の確定申告書にはマイナンバーの記載を!という告知は十分だったと思いますが、どうやらシステムのほうが追いついていないようです。

まとめ

自分の申告書にマイナンバーの記載を忘れてしまった件についてその後の対応を参考までに書きました。

1月中に紙で還付申告をされる方は申告書へのマイナンバーの記載+マイナンバーが分かる書類(マイナンバーカードの写し又は、番号通知書+身元確認書類の写し)の提出を忘れずに。

そして、1月中にe-taxで還付申告をされる方は念のためマイナンバーの取り扱いについて最寄りの税務署に多い合わせした方が良いでしょう(申告自体はできてしまいます)。

編集後記

昨日は、夕方からジムで試しに5キロ走ってみました。

頑張って、42分~43分程度でした。

なんとか皇居ラン行けるかな・・という感じです。


横浜市西区のクラウド会計専門「戸村涼子税理士事務所」

クラウド会計導入支援、ネットビジネス・海外取引に力をいれております。主に個人事業主様・中小企業の社長様・副業を行っているサラリーマンの方向けにサービスを提供しております。 事務所ホームページはこちら 代表プロフィール 事務所の特徴
【主な業務内容】
税務顧問
・スポットサービス
決算・申告サービス
クラウド会計ソフト導入支援
対面相談
メール相談
少人数セミナー



<広告スペース>