経理のExcel作業の効率化。シート集計プログラムを作ってExcelVBAとPythonの違いを体感してみました。

経理のExcel作業の効率化。シート集計プログラムを作ってExcelVBAとPythonの違いを体感してみました。
Pocket

経理業務にExcelは切っても切れない課題です。

特にデジタル時代において、Excelデータを効率的に扱うスキルは必要です。

Excel関数を駆使することも大事ですが、

それでは対応できない処理(繰り返し処理など)はプログラミングに頼ることになります。

そこで、今回Excelを効率化する2つのプログラミング

  • Excel VBA
  • Python

の2つを使って同じプログラムを作ってみました。

そこで感じた2つの違いを書いてみたいと思います。

Excel VBA、Pythonに興味ある方の参考になれば幸いです。

ExcelとPythonの違い

簡単に、2つの違いを簡単にまとめてみました。

Excel VBAPython
ソフト必要なし必要
エディタ必要なし必要
ライブラリ必要なし必要
コードの長さ普通短め
処理の速さ普通早い
Excelのバージョン関係あり関係なし
OS関係あり関係なし
用途の拡張性なしあり
難易度やや高め高め


複数のシートをまとめるプログラムを作ってみました

今回、複数のシート(月別の売上実績)を集計シートにまとめる

というプログラムをExcel VBAとPythonで作ってみました。

実務ではよく使う処理かな、と思います。

 

Excel VBAで作ったコード

Sub SheetTotal()
     ' ①変数の宣言
    Dim wsTotal As Worksheet ' 集計シートの変数
    Dim wsData As Worksheet  '各月のシートの変数
    Dim FirstRow As Long  '書き込む最初の行の変数
    Dim LastRow As Long  ' 書き込む最後の行の変数
    Dim r As Long '初期の行の変数
    Dim i As Long '通し番号
    
    'wsTotal 変数にTotalシートをセット
    Set wsTotal = Worksheets("Total")
    
    '集計シートを初期化
     wsTotal.Rows("2:" & Rows.Count).ClearContents
    
     '書き込みの最初の行を2にする
    FirstRow = 2
    
     '②各月のシートの値を集計シートに転記する
    For Each wsData In Worksheets
        With wsData
            If .Name <> "Total" Then
                For r = 2 To Cells(1, 1).End(xlDown).Row
                    If .Cells(r, 1) <> "" Then
                        wsTotal.Cells(FirstRow, 2) = .Cells(r, 2)
                        wsTotal.Cells(FirstRow, 3) = .Cells(r, 3)
                        wsTotal.Cells(FirstRow, 4) = .Cells(r, 4)
                        wsTotal.Cells(FirstRow, 5) = .Cells(r, 5)
                        
                        FirstRow = FirstRow + 1
                                           
                    End If
                Next
            End If
        End With
    Next
    
     ' ③通し番号を入力
    With wsData
        i = 1
        Do While i <= Cells(2, 2).End(xlDown).Row - 1
            wsTotal.Cells(i + 1, "A") = i
            i = i + 1
        Loop
    End With
End Sub

大きく分けて、

  • 変数の宣言
  • 各月のシートの値を集計シートに転記
  • 通し番号を入力

という形で処理しました。

処理はこんな感じでうごきます。(3秒程度)

(3秒かかったのは私の書き方の下手さも影響あるかもです)

 

ExcelVBAの特徴

Excel VBAとは、Excel内で動く自動化のプログラムです。

マクロ機能を使うと操作記録がVBAとして記録されます。ただマクロでは変数や繰り返し処理などができないので

自動化をしたい場合は、VBAを直接記述していくことが基本です。

そのメリットは、「始めやすさ」だと思っています。

ExcelVBAはExcelに付随していきますので、あらたにソフトは必要ありません。

コードを記述する「VBE」というエディタも付随してきます。

↓このような画面です

このへんが最初にソフトが必要なPythonと比較して楽だと思います。

ただ、Excelのバージョン、OS(WIndows、Mac OSなど)によっては

動作しない場合もあり互換性の面でデメリットがあります。

また用途は、基本的にはExcelに限られます。

 

難易度ですが、上記のプログラムのように

変数、条件分岐(If)、繰り返し処理(for EachとDo Loop)を理解すれば

大抵のことはできると考えています。

とはいえ、マクロやRPAのように視覚的に操作して

記録するのではなく、直接プログラミングするということで、やや難易度は高めと感じます。

 

したがって、

  • いますぐ始めたい
  • 自分ひとり又は限られた少人数で効率化できるプログラムを作りたい
  • Excel内で完結させたい
  • マクロだけでは満足したものが作れない

という人にお勧めです。

 

Pythonで作ったコード

Pythonで作ったコードは以下のとおりです。

from openpyxl import load_workbook

wb = load_workbook("売上実績.xlsx")
ws_shukei = wb["集計"]

row_list = []
#集計シート以降のシートを一括して取得
for ws in wb.worksheets[1:]: 

  #3行目からMax行と、3列目からMax列まで1行ずつ取得
  for row in ws.iter_rows(min_row=2, max_row=ws.max_row,
  min_col=2, max_col=ws.max_column): 

    #cell_list変数に、セルの値とnumber_format属性をタプルとして要素にしたリストを代入
    cell_list = [(cell.value, cell.number_format) for cell in row]

    #cell_list変数をrow_list変数に追加していく
    row_list.append(cell_list)
  
  #row_list変数のデータを取得する。
  for i, row in enumerate(row_list):

    #番号列にはi変数を設定して通し番号にする。
    row_no = i + 2 
    ws_shukei.cell(row_no, 1).value = i + 1

    for j, cell in enumerate(row):
      
      #列番号を取得
      col_no = j + 2

      #指定した行、列にrow_listのデータと書式を貼り付けていく。
      ws_shukei.cell(row_no, col_no).value = cell[0]
      ws_shukei.cell(row_no, col_no).number_format = cell[1]

wb.save('売上実績変更後.xlsx')

処理は大きく分けて

  • ライブラリのインポート
  • 変数の宣言
  • 実績シートのデータを取得、リストを作成
  • リストを集計シートに貼り付け
  • 新しくファイルを作って保存

という形で行っています。

処理はこんな感じでした(ファイル作成含め1秒くらい)

Pythonの特徴

Pythonは、表でも書いた通りソフトのインストール、コードを記述するエディタがまず必要となります。

また、便利な処理がひとまとめにされている「ライブラリ」という機能も必須です。

ここらへんがExcel VBAと比べて難易度は高いのですが、

メリットはコードを短め(というかスマート?)に書けること、そして処理の速さです。

よりプログラミングをしている気分になれます。

また、ExcelのバージョンやOSに振り回されないため

「誰かが作ったマクロ、VBAが転がっているけど、使えなくなっていた・・」

ということがありません。

また、Excel操作だけでなく

Webやアプリケーション(Eメール送信等)の操作、人工知能など様々な用途にも使えるため拡張性があります。

 

一方難易度は、

ExcelVBAよりも高いと思います。

ただ、人気のプログラミング言語とも言われている通り

他の言語と比べれば書きやすい部類です。

 

したがって、

  • プログラミングの知識は多少ある
  • チーム内で共有できる互換性のあるプログラムを作りたい
  • Excelだけでなく、様々な用途にも活用したい

という方にお勧めです。

 

まとめ

ExcelVBAとPythonでプログラムを書いてみて、

感じたことをまとめてみました。

どちらも慣れるまでは大変ですが、

経理業務にExcel効率化は必須ですので、

興味ある方はぜひお試しください。

 

編集後記

昨日は、確定申告作業、月次報告作業など。

 

最近のあたらしいこと

ヨガ

ソニーのノイズキャンセリングイヤホン


【税務メニュー】

税務顧問
単発決算・申告
単発税務相談
単発税務メール相談

【コンサルティングメニュー】

クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング

【動画販売】

フリービズコンサルティング販売ページ

【Youtube始めました(毎週水曜日更新)】

ひとり女性税理士チャンネル


<広告スペース>