【GAS】freeeAPIを使って、3期比較損益計算書をスプレッドシートに出力する方法。月次レポート作成を効率化させよう!

【GAS】freeeAPIを使って、3期比較損益計算書をスプレッドシートに出力する方法。月次レポート作成を効率化させよう!
Pocket

freee APIを使えば、スプレッドシートに瞬時にデータを取得できる

会計ソフトで作った数値を加工して月次資料に使っている、

という会社は多いと思います。

その場合通常、

データをDL⇒Excelで加工⇒グラフ化

という流れになるかと思います。

ただ、Webで動くソフトにありがちなのですが、データをDLするのって手間がかかるんですよね。

そこで、freeeユーザーが活用したいのがAPI(Application Programming Interface)機能です。

APIを使えば、freeeとGoogleスプレッドシートを直接連携させてデータを取得することができます。

経理担当者であれば、

社長から「今月の数値は・・?」と聞かれたときにパッと作れたら良いですよね。

グラフも合わせて用意しておけば、そのまま月次資料にも使えます。

今回は、freee のAPI機能を使って3期比較損益計算書をスプレッドシートに出力する手順を説明します。

3期比較試算表をスプレッドシートに出力する手順

事前準備(連携・認証手続)をする

freeeとスプレッドシートを直接つなげるためには、事前の準備が必要です。

具体的には、以下の2つです。

  1. freeeアプリストアで連携アプリを作成する
  2. GASと連携アプリの認証

準備に関しては、freeeのページにも書かれていますが、

以前記事にもしましたのでよろしかったらご覧ください。

(リクエストに必要な事業所番号の取得も解説しています)

多少スクリプト画面が変わったりしていますが、基本は同じ作業です。

freee API利用によるスプレッドシートとの連携を試して感じた効率化の今後

 

GAS(Google Apps Script)を書く

無事連携されたら、スプレッドシートのスクリプトに、GAS(Google Apps Script)というプログラムを書く必要があります。

下記は、私が作ったPL3期比較をスプレッドシートに入力するプログラムは以下のとおりです。

(あくまで、参考にお願いできればと思います)

function get3TB() {
  
  //認証サーバーが発行するアクセストークンを取得
  var accessToken = getService().getAccessToken();

  var spreadsheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var sheet = spreadsheet.getSheetByName('3期比較')
  var range1 = sheet.getRange('G1');
  var range2 = sheet.getRange('G2');
  var range3 = sheet.getRange('G3');
  var companyID = range1.getValue();
  var startMonth = range2.getValue();
  var endMonth = range3.getValue();
  
  //リクエストURLを指定
  var requestUrl = 'https://api.freee.co.jp/api/1/reports/trial_pl_three_years?company_id='+companyID+ '&start_month='+startMonth + '&end_month='+endMonth;
  
  //リクエストに必要なパラメータを指定。getは「取得」、ヘッダーはAPIにリクエストを送る際に必要な情報の一部。OAuthのルールでは、Authorizationの値に、Bearerという文字列と、アクセストークンを送ることが決められている。
  var params = {
    method : 'get',
    headers : {'Authorization':'Bearer ' + accessToken},
  };

  //オブジェクトとしてJSONデータが利用できるようにする
  var res = UrlFetchApp.fetch(requestUrl,params).getContentText();

  Logger.log(res);

  var json = JSON.parse(res); 
  var data = json.trial_pl_three_years.balances;

  //配列にデータを格納
  arr = [];
  
  for(var i = 0; i < data.length; i++) {
    
    var param1 = data[i].account_item_name;//勘定科目名
    var param2 = data[i].two_years_before_closing_balance;//前々年度期末残高
    var param3 = data[i].last_year_closing_balance;//前年度期末残高
    var param4 = data[i].closing_balance;//期末残高
    arr.push([param1,param2,param3,param4]);
  }
  
  //シートに書き出す
  var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheetByName('3期比較');
  var row = arr.length;
  var col = arr[0].length;
  sheet.getRange(2, 1, row, col).setValues(arr);
 
}

簡単に、説明します。

var accessToken = getService().getAccessToken();

freeeの認証サーバーがスプレッドシートからfreeeのデータベースにアクセスするための「アクセストークン」を変数に格納しています。

後ほどfreeeにリクエストを出すときに必要になります。

var spreadsheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sheet = spreadsheet.getSheetByName(‘3期比較’)
var range1 = sheet.getRange(‘G1’);
var range2 = sheet.getRange(‘G2’);
var range3 = sheet.getRange(‘G3’);
var companyID = range1.getValue();
var startMonth = range2.getValue();
var endMonth = range3.getValue();

こちらは変数を設定しています。

具体的には、スプレッドシートのシート名や、

事業所番号、開始月、終了月のセルを指定しています。

var requestUrl = ‘https://api.freee.co.jp/api/1/reports/trial_pl_three_years?company_id=’+companyID+ ‘&start_month=’+startMonth + ‘&end_month=’+endMonth;

こちらは、freeeにリクエストするURLを指定しています。

リクエストURLは、開発者向けページに記載されています。

例えば損益計算書の3期間比較であれば、下記のとおりです。

?の後の部分はパラメーター(条件設定部分)です。

company_id(事業所番号)は必須です。

複数パラメーターがある場合にはアンパサンド(&)でつないでいきます。

今回は、必須項目である事業所番号 と、開始月・終了月を設定しています。

var params = {
method : ‘get’,
headers : {‘Authorization’:’Bearer ‘ + accessToken},
};

リクエスト方法(取得するget)と、アクセストークンを含めたヘッダー情報を指定しています。

こちらは認証ルールであるOAuthの決まりごとなので、このまま書けばOKということで。

var res = UrlFetchApp.fetch(requestUrl,params).getContentText();

実際にfreeeにデータをリクエスト送信する命令を変数に入れています。

getContentTextで、文字列に変換して取得しています。

この後に一度ログで出してみると、以下のように表示されます。

これは単なる文字列なので、ここからなんとか値に変換し、スプレッドシートに貼り付けなければなりません。

var json = JSON.parse(res);
var data = json.trial_pl_three_years.balances;

そこで、リクエストをJSON(JavaScript Object Notationの略。交換用フォーマットのようなもの)形式として解析し、値に変換する命令を入れます。(上段)

下段は、「どの」データを値にするかを指定しています。

こちらも開発ページに書かれていますね。リクエストURLの最後の部分です。

データの入れ子の子部分である「balances」も指定しています。

//配列にデータを格納
arr = [];

for(var i = 0; i < data.length; i++) {

var param1 = data[i].account_item_name;//勘定科目名
var param2 = data[i].two_years_before_closing_balance;//前々年度期末残高
var param3 = data[i].last_year_closing_balance;//前年度期末残高
var param4 = data[i].closing_balance;//期末残高
arr.push([param1,param2,param3,param4]);
}

次にスプレッドシートに貼り付けられる配列形式(表のようなもの)にする必要があります。

まず、空の配列「arr」を作ります。

for関数を使って必要なデータを取得していき、最後にpushメソッドで配列に格納していくイメージです。

必要なデータは、開発ページに「定義」として名前が指定されています。

今回は必要最低限の勘定科目名、前々年度期末残高、前年度期末残高、期末残高をとってきました。

//シートに書き出す
var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheetByName(‘3期比較’);
var row = arr.length;
var col = arr[0].length;
sheet.getRange(2, 1, row, col).setValues(arr);

最後に、スプレットシートに書き出します。

二次配列なので、行と列を範囲指定しています。

以上が、手順でした。

———————

動画にしてみました。

あらかじめ複合グラフ、円グラフを作っておけばこのまま月次資料にもできますね。

 

 

まとめ

freeeAPIで、3期比較損益計算書をスプレッドシートで取得する方法を説明しました。

プログラミングが大変ではあるのですが、瞬時にデータを取得できるメリットは大きいです。

他にも、月次資料に役立つ資料を作れそうです。

是非役立てていただければと思います。


【税務メニュー】

税務顧問(現在受付停止中)
クラウドオピニオン(セカンドオピニオン)
スポット相談(オンライン)
スポット相談(メール)

【コンサルティングメニュー】

クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング

【動画販売】

フリービズコンサルティング販売ページ

【Youtube始めました(毎週水曜日更新)】

ひとり女性税理士チャンネル


<広告スペース>