フリーランスの働く場所事情。自宅+レンタルスペース+たまにカフェ&コワーキングに落ち着きました

フリーランスの働く場所事情。自宅+レンタルスペース+たまにカフェ&コワーキングに落ち着きました
Pocket

独立してから、固定の事務所を持たずに、自宅兼事務所で3年半やってきています。

フリーランスにとって固定事務所は要る?要らない?はよく論点になりますが

私の場合は3年半経った今も必要としていないです。

フリーランスの働く場所事情について、これまで感じたことを書いてみます。

働く場所どうしよう?というフリーランスの方がいらっしゃいましたら参考にしてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

※普段の仕事スペース※

自宅兼事務所は向いている・向いていない人にはっきり分かれる

3年半主に自宅兼事務所で仕事をしてきましたが、

特にこれといった不便もなくこれまでやってきました。

資料もペーパーレスを進めているので基本的に預かっていませんので保管場所も必要ありません。

その他自宅兼事務所にありがちな

  • 生活と一緒になっているので集中できない
  • 怠けてしまう

といったことは私の場合はあまりありませんでした。

仕事場のとなりにピアノがあったり、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

プライベートの本とガチの税務の本が一緒になってたりと(本棚に収まりきっていない。。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

落ち着かない空間といえばそうなのですが・・

むしろ体調が悪い時に休み休み行えるので助かったこともありました。

ただやはり「家での仕事」の向き・不向きはあるかなと思います。

家にどうしても仕事を持ち込みたくない、という人であれば

最初から外に事務所を構えてしまったほうが良いでしょう。

まずは自分が「自宅でも集中できるタイプ」「自宅だと集中できないタイプ」のどちらなのかを見極めることが大事かと思います。

自宅以外の場所も欲しいけど、毎日行く場所は必要ないときに便利なレンタルスペース

とはいえ、自宅ばかりだとどうしてもマンネリ気味になり、

特にアイデア出しをするときなどはあまりはかどりません。

かといって高い家賃を払ってまで固定事務所を持って毎日通う必要性も感じない・・

そう思って今まで利用してきたのが時間貸しのレンタルスペースです。

1時間1,000円〜1500円程度で、ネット予約が可能、気軽に利用ができます。

お客様と打ち合わせをするときなども利用しています。

どうしても職業柄喫茶店やコワーキングスペースでは情報漏れが気になるので、

個室のレンタルスペースは使い勝手が良いです。

今は自分のレンタルスペースも作って利用しています。

予約・決済が一度にできるシステムを作ったのでゲストとのやり取りは

基本的にありませんし、掃除と備品補充以外あまりすることはありません。

ゲストがいないときに気軽に利用してついでにメンテナンスをしています。

参考記事:

自宅兼事務所で3年。もう一つの場所として「貸スペース」を作った理由

レンタルオフィスなど固定事務所を借りると月に数万円〜消えていきますが、

毎日行くわけでもなく、月の半分程度利用するのであれば「使った分だけ」請求される時間貸しのレンタルスペースを上手く利用するほうがコスト節約にも、気分転換にもなるのでお勧めです。

カフェ+コワーキングスペースは軽い仕事用に

カフェやコワーキングスペースも仕事場として人気ですが、

私の場合そこまで合わず(隣に人がいると落ち着かない)、

現在は軽い仕事(ブログやアイデア出しなど)を行うときや、外出時の一休み

程度に行っています。

人によってはガチに仕事場として利用される方もいるかもしれませんが、

私みたいな臆病者は初めてのカフェ、コワーキングスペースへ入るだけでドキドキしてしまうので(^_^;)

どちらかというとプライベート利用のほうが多いです(本を読みふけったり、ぼーっとしたり)。

 

まとめ

フリーランスの働く場所事情に関して、

私の場合自宅+レンタルスペース+たまにカフェ&コワーキングに落ち着いたことを書きました。

「固定事務所なくてもやっていけるの?」

と疑問に思っている方の参考になれば幸いです。

 

編集後記

昨日は同業者の方から非居住者の税務についてZOOMにて相談を受けました。

お役に立てたようで、良かったです。

 

最近のあたらしいこと

今年初めて足元用のヒーターを出した


【税務メニュー】

単発決算・申告
単発税務相談
単発税務メール相談

【コンサルティングメニュー】

クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング


<広告スペース>