15年前に戻れるなら、子供のそばにいながら仕事がしたい

15年前に戻れるなら、子供のそばにいながら仕事がしたい
Pocket

先日ネットビジネスに関する記事を雑誌に掲載したことをお知らせしました。

【雑誌執筆のお知らせ】『税経通信 2019年1月号』 ネットビジネスの所得区分と必要経費について記事を執筆しました

書いてて、

「15年前に戻れるなら、ネットビジネス(時間と場所の制限が少ない仕事)をして子供のそばにいながら仕事がしたい」

と思いました。

時間と場所に囚われない働き方、ずっと望んでいたからです。

詐欺まがいの「在宅仕事」ばかりだった

今でこそネットで稼ぐことが普通になってきましたが、

私が子供を生んだ15年前は「在宅で仕事」というと怪しい内職仕事ばかりでした。

実際に「パソコン1台で仕事ができる!」と歌った在宅仕事に問い合わせたところ、

「初期費用として○○十万円かかります」

と言われ・・(完璧詐欺です。当時はこんなのばかりでした)

今考えれば仕事するのに最初に投資が必要っておかしいですよね。(それでも検討してしまったという)

ノマドに憧れたワーキングマザー

子供が5歳くらいのとき(約10年前)に、「ノマド」という言葉が流行り出しました。

私も下記の本で「ノマド」という言葉を知り、「オフィスは要らない」という言葉に衝撃と憧れをいだきました。

 

とはいえ、「仕事はオフィスでするもの。ノマドなんて特別な人しかできないこと」

と思い込んでいたため遠い世界のことのようにしか思えず。

6時半の保育園お迎えに間に合わせるために、毎日冷や汗かきながら仕事をしていました。

子供のそばにいながら、仕事がしたかった

現在小さなお子さんがいて、開業されている同業者の方を見ると

すごく大変ではありそうだけど、うらやましくも思います。

現在私も独立してノマド?っぽくなりましたが子供は既に16歳。

母親の存在が重要な時期はあっという間に終わってしまいました。

後悔はしていませんが、15年前に戻れるのであればネットビジネスのような

時間・場所に囚われない働き方をしたいですね。

たとえ稼げるお金は少なくても。

今子供が小さくて外に働きに出られない、そういったお母さんがいたら

是非子供のそばにいながら稼ぐ働き方も視野に入れてほしいなと思います。

クラウドソーシング、ネット物販、アフィリエイト、コツコツとできる仕事が今はたくさんあります。

子供の成長はあっという間。一瞬一瞬を大切にしたいですね。

まとめ

15年前に時間・場所に囚われないネットビジネスがあったら。

子供のそばにいながら仕事ができる方法を模索していただろうなと思い気持ちを書いてみました。

(稼げるかどうかは別として)

諦めずに、自分が納得できる働き方ができないか模索してみましょう。

編集後記

昨日は、コンサルティングの準備など。

Today’s New

接骨院経営のお客様に向けてfreee導入コンサル


【税務メニュー】

税務顧問
単発決算・申告
単発税務相談
単発税務メール相談

【コンサルティングメニュー】

クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング


<広告スペース>