フリーランスには見えないコストがかかっている。見た目の年収だけで良し悪しは判断できない

フリーランスには見えないコストがかかっている。見た目の年収だけで良し悪しは判断できない
Pocket

とある新聞で、

「フリーランスの月収は○○円。正社員より高額」

という記事を見ました。

これを見て、「独立したほうがお得かも」と思う方もいるかもしれませんが、

見た目の月収だけで良し悪しは判断しないほうが良いと思いました。

 

まず「月収」「年収」の定義がはっきりしていないところが気になりましたし、

そして何よりも、フリーランスには、目に見えないコストがかかっています。

単純に、見た目の年収だけで良し悪しは判断できません。

 

フリーランスは、「年収」ではなく「所得」で考える

「年収」の定義がはっきりしないまま書かれた記事は多いです。

年収とは、年間の収入ということで文字通り考えれば

フリーランスの方であれば、売上

会社員の方であれば、額面給与(税金等差引前)

となります。

 

この2つを比較する話が多いのですが、それは意味がないということがわかります。

この2つの意味するところは全く異なるからです。

フリーランスの方の場合の年収(売上)は、営業活動の「成果」と言えるもので、それがそのまま「自由に使えるお金」(近い意味で言うと所得)に直結するものではありません。

一方会社員の方の場合の年収(額面給与)は、会社から与えられた「報酬」で、この金額によってほぼ自動的に自由に使えるお金(所得)が決まります。

(実際はここから税金・社保等が差引かれます)

単なる成果である売上と、自由に使えるお金である所得は比べられません。

フリーランスの方の場合は売上から経費を差し引いた金額が自由に使えるお金(所得)に近い意味となります。

もし会社員の方の年収と比較するのであれば、経費差引後の所得と比較しなければ意味ある

数字となりません。

ここで「比べられる?」と疑問形にしたのは、

厳密に計算するのも困難ですし、

単純に金額だけで比較するものでないと思っているからです。

 

※ ここでは青色申告控除、給与所得控除等の概算経費と社会保険料、税金等を無視して考えています

 

フリーランスにかかる「見えない」経費

普段会社員として勤めている人であれば意識しづらいフリーランスの経費にはどんなものがあるでしょうか。

フリーランスにかかる目に見える経費とは、業種によっても大きく異なりますが

  • 原価(仕入れなど)
  • 人件費(社員・パートを雇用する場合)
  • 外注費(業務委託、各種専門家を利用する場合)
  • 事務所家賃、水道光熱費
  • 広告宣伝費
  • 備品、消耗品費

などが存在します。

先程フリーランスは売上から経費を差し引いた額を比較に使う必要がある、

と説明しましたが経費が少ない業種も存在します。(士業なども経費が少ない業種です)

この場合ほぼ売上=所得となり、やはりフリーランスの方が良いのでは!?

と思うかもしれませんが次に説明する「目に見えない経費」も考慮する必要があります。

簡単に言うと、「時間あたり」も考慮したほうが良い、ということです。

フリーランスの場合、以下の作業を自分で行う必要があります。(外注しない場合)

  • 営業・広報活動
  • 自己啓発活動
  • 経理・請求業務
  • 現預金管理
  • 確定申告作業

例えば、今まで営業部や広報部などにお任せできていた活動を、独立した場合には自分で行う必要があります。

自己啓発も、自分で何を学ぶかを考え、自腹で支出し、行動しなければなりません。

間接部門である経理部が行ってくれていた請求、経費精算、現預金管理業務も自分で行います。

会社からいわれた書類を提出していればよかった確定申告作業が(年末調整)、

一から数字を作り上げ、書類を準備し、正確に税金を計算し、申告書を作成して税務署に確定申告・納付をしなければなりません。

会社員は、拘束される時間はありますが、

経費の自己負担はほぼなく、就業時間中は本業に集中できる強みがあります。

本当に金額で比較したいのであれば、「目に見えない経費」を考慮した上で、時間あたりの所得も加味したほうがよいでしょう。

ただ、それを厳密に計算するのはとても難しいのではないでしょうか。

見た目の金額だけで良し悪しは判断できない

このように、「年収」で比較するのは言わずもがな意味がないことですが、

厳密に所得で比較するのも難しいです。

フリーランスの売上は会社員のように安定しないですし。

結局のところ、

見た目の金額だけでフリーランスが良いか、会社員が良いかの良し悪しは判断できない

というのが私の見解です。

ある程度の金額での比較は大事ですが、

金額以外のところの

  • 自己裁量の大きさ
  • 場所・時間の自由度
  • 仕事の責任
  • 家族との時間

など「自分がどう生きたいか」といった人生の価値観も含め考慮すること

が重要ではないでしょうか。

特に時間は有限なので、目先のお金よりも優先したほうが良いと思っています。

 

まとめ

年収だけでフリーランスと会社員を比較している記事があったり、

「フリーランスで年収○○円突破しました!」という投稿があり

気になって思うところを書いてみました。

8割以上が会社員である今の世の中では、フリーランスの実態はなかなか理解されにくい

のかもしれません。

自分もフリーランス、お客様もフリーランスが多い状況で

こういった現実を発信していくことが大事だと思っています。

 

編集後記

土曜日は、姉と汐留でランチ、カフェ。

日テレビルでハウルの動く城のオブジェ(時計)がちょうど動いていて、

メルヘンチックな気分に浸りました^^。

Today’s New

カレッタ汐留 響


【税務メニュー】

単発決算・申告
単発税務相談
単発税務メール相談

【コンサルティングメニュー】

クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング


<広告スペース>