攻めのコストを0にしてはいけない。止血しつつ、同時に攻めていこう

攻めのコストを0にしてはいけない。止血しつつ、同時に攻めていこう
Pocket

【2020年11月開催 オンラインセミナーについて】

日付内容
2020/10/3(土)締め切りました、2020/11/7(土)独立5年目のひとり税理士が語る!小さくても生き延びる秘訣Webセミナー

先日Youtubeでキンコン西野さんの動画を見ました。

そのときに、

「今はみんな自粛モードだからある程度コストを制限するのは仕方ない。けれども攻めのコストは削っちゃダメ

ということをおっしゃっていて、

はっと気づきになりました。

日本全体が自粛モードになり、

会社や個人の消費も抑えられるようになると

「なるべくお金を使わないようにしよう」

という雰囲気になりますが

このような中でも攻めのコストだけは0にしてはいけないな、と私も感じました。

※上に攻めてるビルを発見※

攻めがなくなったらそこで終わる

なぜかというと、仕事で「攻め」がなくなったら強くならないからです。

(ドラクエでも防御する、逃げるだけで戦わなければ経験値が上がりません)

世の中は、昔と比べられないほどに変化のスピードが早くなっています。

更に、今回のコロナの影響で良くも悪くも変化が加速しました。

このような中で、

「現状維持」

だけで攻めがなくなってしまったら、

戦闘力があがらずそこでゲームが終了してしまいます。

「何もしないこと」は、この変化の早すぎる時代にはあまりにリスクが高いことだと思っています。

止血しながら攻める

とはいえ、

このような未曾有の状況で「まずは資金残高を減らさないようにする」といった「止血」

にフォーカスするのはある程度は仕方ありません。

ただ、そのような「止血」をしながらも、

ちょっとでも良いから「攻めていく」ことは必要だと思っています。

ほんの小さいことでも良いです。

例えば、リモートワークに慣れるために

新しいツールを導入してみるとか、

自宅の一室をリモートワークしやすいように模様替えしてみるとか。

私の場合は、偶然ではありますが仕事で新しい分野の勉強が必要となったので

ここ最近はこもって勉強したり、コンサルを受けたりしていました。

このような状況だからこそ新しいことを学ぶ意味はあると思っています。

止血しながら少しずつ攻めることは

難易度の高いことではありますが、

Withコロナ、Afterコロナ時代を生き抜くために必要なことだと考えています。

 

編集後記

昨日は、とある分野について同業者の方からコンサルを受けました。

自分の見解がほぼ合っていたことを知り、安心しました。

 

最近のあたらしいこと

同業者の方からZOOMでコンサルを受ける

野菜の冷凍保存


【税務メニュー】

税務顧問
単発決算・申告
単発税務相談
単発税務メール相談

【コンサルティングメニュー】

クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング

【動画販売】

フリービズコンサルティング販売ページ

【Youtube始めました(毎週水曜日更新)】

ひとり女性税理士チャンネル


<広告スペース>