メルマガ読者限定セミナーを開催してみて、クローズドな発信場所を持つメリットを感じました

メルマガ読者限定セミナーを開催してみて、クローズドな発信場所を持つメリットを感じました
Pocket

【セミナー開催】

以下のセミナーを予定しています!

詳細&お申込は以下のページよりお願いいたします。

  1. 2021/12/16 非居住者・海外取引の税務入門セミナー

発信は、

誰でも閲覧できるオープンなものとは他に、

クローズドなものを持っておくと

メリットがあります。

今回、クローズドのセミナーを行ってみて

感じたメリットを書きます。

※メルマガ読者・女性限定セミナーを行いました

よりターゲットを絞れる

どうしてもオープンな場でのセミナー開催の場合、

より多くの人に申し込んでもらいたいため

テーマに関しては需要の多いものになりがちです。

一方、クローズドなセミナーの場合

そもそもより多くの人に申し込んでもらうことが目的ではないため

よりターゲットを絞れることがメリットです。

 

もちろんビジネスなので

儲けなくて良い、とは考えていません。

ただ、すべてのセミナーをガンガン攻めていくもの

にしなくても良く、

ニッチで誰もやらないようなテーマ

にするのも、

面白いし開催側も学びになると考えています。

 

センシティブなテーマにも触れられる

クローズドなセミナーの場合、

少しセンシティブなテーマにも触れられます。

例えば、今回のように性別を絞ったジェンダー的なテーマですね。

ともすると炎上が起こりかねないテーマかと思います。

こういったテーマも、

クローズドなセミナーであれば

多くの人の目に触れないので炎上しにくいです。

 

ある程度コネクションができているので安心できる

今回メルマガ読者限定としたことで、

ある程度コネクションができているので

少しセンシティブなテーマでも

安心して開催できました。

 

不思議なことに、

ブログなどと違って本名で登録してくれていて、

メルマガを読んでくださっているというだけで

開催側も親近感が湧くんですよね。

一方通行かもしれませんが(^_^;)

 

これをオープンな場で開催してしまうと、

センシティブな話題ゆえに

たまたま通りかかった人が聞いた場合

響かない可能性もあるかな、と。むしろ反感を買ってしまったり。

そういった心配も少なく

安心して開催できるのも

クローズドなセミナーのメリットです。

 

まとめ

本日は、クローズドなセミナーのメリットを考えてみました。

 

編集後記

寒すぎて、今日は床暖房をつけました。

つい最近まで扇風機ガンガン回してたのに・・。

 

最近のあたらしいこと

ガストのカキフライ弁当


【税務メニュー】

税務顧問(現在受付停止中)
クラウドオピニオン(セカンドオピニオン)
スポット相談(オンライン)
スポット相談(メール)

【コンサルティングメニュー】

クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング

【動画販売】

フリービズコンサルティング販売ページ

【Youtube始めました(毎週水曜日更新)】

ひとり女性税理士チャンネル


<広告スペース>