毎日のストレスをなくすためには、やるべきことを減らすしかない

毎日のストレスをなくすためには、やるべきことを減らすしかない
Pocket

毎日が、やるべきことだらけ

数年くらい前のわたしは、ストレスの多い毎日を送っていました。

早朝起きたら自分の身支度、息子のお弁当(夜に下ごしらえしたもの)準備、朝ごはん準備、

電車を一本逃すと遅刻するので大慌てで電車に乗り込み、

1時間以上かけて満員電車の中を耐え、

会社でめいっぱい働き(ときに終わらなくて残業も)、

そのまま夜の授業へでるために大学院へ行く日も。

直帰した日は夕食準備、片付け、掃除、お風呂、息子の学校のお知らせ確認、宿題付き合う、ちょこっと読書してバタンキュー・・→そして朝に続く

と「余裕」とは無縁な生活を送っていました。

当然、ストレスは溜まるのでイライラしたり、

過食してしまったりと、自己嫌悪に陥りました。

※1日は誰でも24時間※

ストレスを溜めないためには、「やるべきこと」をへらすしかない

今思えば、「わたしは全部できる」という思い込みがあったのかもしれません。

「私の要領が悪いのかも・・」

「もっと効率化できる方法はないか」

と自分をレベルアップさせたり、

効率化させたりすることばかり考えていたのですが、

それも限界がありますよね。

毎日をストレスなく過ごすためには、「やるべきこと」を減らすしかない、

と気づきました。

減らしやすいのは、仕事

では、やるべきことのうちどれをやめるか?

家事や子育て、人間関係は生きていく源となるもの。簡単には減らせません。

となったときに、一番減らしやすいのは仕事と気づきました。

もちろん、手抜きをするということではなくて、

ボリュームを絞る、ということです。

生活の質が多少落ちたとしても、余裕を作ったほうがわたしは良いと考えています。

 

まだ会社にフルで勤務していた頃ですが、

大学院にも平日夜と土日通っていたので、

上司と相談して週5日→週4日勤務にしてもらったことがあります。

1日だけ休んでも大して変わらないのでは?

と思ったのですが平日1日休むだけでものすごく余裕ができたのを覚えています。

普段できなかった細かな家事や、大学院の論文執筆、子供のケアなど

に時間を使えるようになって心に余裕ができました。

 

独立してからは、さらに余裕ができました。

どうしてもお客様が多いと、「やるべきこと」に追われがちです。

そうなると、お客様への対応が遅れ、

「ああ、早く対応しないと・・」と焦ってストレスがたまり、

なおかつお客様の信用も落とします。(忙しいと元気が出る人もいるかもしれませんが、私は逆です)

ですので、だいたい仕事量はキャパ(心・時間含め)の7割程度に収まるように調整しています。

当然これは金銭とのトレードオフなので稼ぎは天井があります。

でも、それで構いません。

毎日をストレスなく健やかに過ごすためにはトレードオフが必須と理解しているからです。

もちろん、仕事をへらす以外にも、

家事を減らす(ハウスキーパーに頼る)

必要ない付き合いに参加しない

なども有効です。

 

ストレスの多い毎日を送っている、と感じている方は

やるべきことが多すぎるはずです。

優先順位をつけていけば、「これは減らせる」と思うものがあるはずです。

是非、減らしてみてください。

 

まとめ

毎日のストレスをなくすためには、やるべきことを減らすしかない

と思ったことを書きました。

 

編集後記

昨日は、個別コンサルティング。

freeeの使い方のレクチャーでした。

 

最近のあたらしいこと

息子と一緒に選挙


【税務メニュー】

税務顧問(現在受付停止中)
クラウドオピニオン(セカンドオピニオン)
スポット相談(オンライン)
スポット相談(メール)

【コンサルティングメニュー】

クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング

【動画販売】

フリービズコンサルティング販売ページ

【Youtube始めました(毎週水曜日更新)】

ひとり女性税理士チャンネル


<広告スペース>