「忙しい」と言わない理由

「忙しい」と言わない理由
Pocket

【書籍予約購入キャンペーンについて】

『デジタル資産と電子取引の税務』を日本法令様から出版いたします。

発売予定日2021/6/30までにAmazon、楽天にて購入された方に
無料の出版記念セミナー(オンライン)を案内させていただきます。
Amazon販売ページ

楽天販売ページ

キャンペーンは、以下のページよりお申込いただければと 思います!

デジタル社会の税務とは。『デジタル資産と電子取引の税務』2021年6月30日発売します。予約キャンペーンのご案内

「忙しい」は言わない、書かないようにしています。

結構前に、忙しいことによるデメリットを書きました。

忙しい=充実している?忙しいことのデメリットは想像以上に大きい

この記事は忙しくなることそのもののデメリットでしたが、

そもそも「忙しい」と言わない方が良いな、と思ったのが

今日の記事を書くきっかけです。

その理由を書いてみます。

※ひとり仕事を始めてから忙しいフリをする必要がなくなりました※

本当は時間があるから

99%の確率で、「忙しい」と言っている人は本当は時間があると思います。

勤務時代の頃、

「忙しい、忙しい」

を連発して深夜まで残業していた人がいましたが、

定時内は雑談したり、タバコ吸いに行ったりして

暇そうでした。

「なんだよ、時間あるんじゃん」

と思ってました。

独立後、「パーキンソンの法則」を身をもって知ってから

更に忙しいと言っている人の99%は本当は忙しくない

と確信しました。

パーキンソンの法則とは、

「仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する」

というものです。

本当にそうでした。

独立したての頃(今でもたまに)、

期限がずっと先のものでも、

直前のものでも、

結局ギリギリになってしまう傾向がありました。

結局、ダラダラと仕事してるフリをする、

要らない仕事を自分で増やしていたことに気づいたのです。

そんな状況だったらいつだって「忙しい」になってしまいますよね。

そのことに気づいてから「忙しい」と言うことはなんだか滑稽に思えてきたのでした。

思考停止になるから

「忙しい」と言ってしまった時点で

思考停止になるからという理由もあります。

つまり、

やめるべき仕事をやめない口実にする

効率化しない言い訳にする

先延ばしにする

という癖がついて思考することをやめてしまうリスクがあるかなと。

会社員はフリーランスに比べて

仕事量の調整は難しい、とは言いますが

上司に相談するなどのアクションはとれるはずです。

(と言いつつ、私はそれができないので独立してしまいました)

フリーランスも、モチベーションが上がらない、

時間ばかりかかる仕事は手放さなければいけないのですが

「忙しい」と言った時点で負けというか、思考停止に陥ります。

だから私はいまでも

仕事の選別は超真面目に行っています。

かっこよくないから

これは個人的な嗜好が多分に含まれていますが、

「忙しい」と言っている人はあまりかっこよくないと思います。

まだ取捨選択ができない若い人ならまだしも、

割と良いお年で、時間をコントロールできるはずの大人が、

自分で仕事を増やして忙しくして(忙しいフリをして)、

マウントしたり、

褒めてほしいアピール

するのはなんだかなと思います。

「忙しい」

を連発する人は

自分の人生の舵取りをできていない、

ということを人にわざわざアピールしているかのようです。

仕事のタイミングが重なったときなど、たまには言っても良いでしょうけれども、

禁句にするくらいのほうが

考えて行動するきっかけになります。

 

まとめ

忙しくなるだけでなく、

忙しいと言うこと自体もやめようと

思ったことを書きました。

 

編集後記

金曜日は、キンコーズに行って書籍の原稿を一度すべて印刷。

紙だといったりきたりしやすいので

メリットがあるなと感じました。

 

最近のあたらしいこと

喜久家洋菓子舗 元町本店


【税務メニュー】

税務顧問
単発決算・申告
単発税務相談
単発税務メール相談

【コンサルティングメニュー】

クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング

【動画販売】

フリービズコンサルティング販売ページ

【Youtube始めました(毎週水曜日更新)】

ひとり女性税理士チャンネル


<広告スペース>