個人的な価値観とマナー違反


某鉄道会社のCMで放映された女性が電車の中で化粧することがマナー違反ということに対して賛否が大きく分かれているようですね。

私自身は、電車内で化粧する女性を見ても特にマナー違反だなーとは正直思いません。

どちらかというと、「大変だな・・」と思って見ています。(私はしたことはありませんが)

勤務する女性の場合、化粧をすること自体がマナーだという風潮もありますし、女子力だなんだと服装にも気を使わなければいけませんし。

その問題となるCMを見て思ったところを書いてみます。

マナー違反となる理由がもうちょっと欲しい

CMでは「電車内での化粧はみっともない」とはっきり伝えています。

でも「みっともない」という個人的な価値観だけ打ち出していて、どういったことがマナー違反になるかどうかは分かりませんでした。

CMでの電車内でも、かなり空いた状態で誰が見てもマナー違反、迷惑という風には見えませんでした。

例えば、匂いが広がるとか粉が服につくとか具体的な問題があれば分かりやすかったかなあと思います。

みっともないと思うだけでいい、マナー違反はまた別

電車内で化粧をすることがとんでもなくみっともない、見ているのも嫌だ、という方もおられるようです。

そうであるならばみっともないと思って見なければいいのでは・・?と思ってしまう私は単純すぎでしょうか。

以前、空いている電車内で爪を切っているおじさんがいましたが、「うわ、爪切ってるよー」とは思いましたがみっともないなーと思い見ないようにしました。特にマナー違反だとも思いませんでした。

電車内で爪を切ることについての価値観は人それぞれ、一方マナー違反になるかどうかはそのおじさんは特に誰にも迷惑はかけていないし微妙なところです。(爪が飛んでくる可能性はゼロではありませんが)

なので多くの人が見るメディア(CM)で、「化粧はマナー違反」という個人的な価値観を一方的に打ち出しているのには違和感を感じました。

マナー違反といえば直接害を与えてくる人では

痴漢などの犯罪行為は問題外ですが、マナー違反の範疇で考えるのであれば私は酔っぱらいなど直接害を与えてくる人の方が気になります。

匂いとか、耐えられないときもあります・・。

子どもが小さいとき、酔っぱらいに絡まれたこともありましたし、ちょっと子供の足があたっただけで罵声を浴びせてくるおじさんもいましたし。

そういったことに比べれば直接危害を与えてこない電車内で化粧している女性は、私にとっては害を与えてこないというだけで全く問題にならないのですが。

やっぱりストレスが溜まる環境に身を置かないに限る!

ちょっと論点がすっとびましたが(^^;

マナー違反云々が取りざたされるのって、やはりストレスが溜まりやすい場所(込み合った公共機関)だからこそ起きるのではないでしょうか。

子どもがうるさい、ベビーカーを畳まないなどが非難されるのも余裕のない空間(気持ち的にも)だからこそだと思います。

そういった公共機関だからこそマナーが大切と思う気持ちは分かりますが、なんだか他人に求めすぎてギスギスしているような気がします。

考えてみれば、電車内での化粧がCMになるほど余裕がない状態なんだなとも。(どういった人の声を吸い上げているのかは不明ですが)

毎朝通勤している方にとっては難しいかもしれませんが、余裕のない環境になるべく身を置かないようにするのが結局は一番いいのかなと思います。

編集後記

息子が合唱コンクールで歌う曲が「大地讃頌」と聞いて懐かしくなりました。

昔も今も合唱曲はそれほど変わっていないようですね。


クラウド会計専門の女性税理士です。

ITを駆使し、「スピード」と「丁寧さ」を両立させたサービスをモットーにしております!

スタートアップの個人事業主様や、中小企業様をターゲットに明瞭な料金体系にてサービスを提供しております。

戸村涼子税理士事務所のHP

お問い合わせ


横浜市西区のクラウド会計専門「戸村涼子税理士事務所」

クラウド会計導入支援、ネットビジネス・海外取引に力をいれております。主に個人事業主様・中小企業の社長様・副業を行っているサラリーマンの方向けにサービスを提供しております。 事務所ホームページはこちら 代表プロフィール 事務所の特徴
【主な業務内容】
税務顧問
・スポットサービス
決算・申告サービス
クラウド会計ソフト導入支援
対面相談
メール相談
少人数セミナー



<広告スペース>