税金を払うのは損?常にお金の管理をしていればそう感じない

税金を払うのは損?常にお金の管理をしていればそう感じない

先日、フリーランスの山田竜也さんが書いた「フリーランスがずっと安定して稼ぎ続ける47の方法」という本を読みました。

同じフリーランスとして、稼ぎ続けることについての大変さに共感した部分がたくさんありました。

職業柄、やはり気になったのがフリーランスと税金に関わるページでした。

事業と税金は切っても切れない関係にあります。

儲かったら、その分の税金は払う。これが原理原則なのですが、

やはり少しでも税金は避けたい。それが皆さん本音でしょう。

そもそもなぜ税金を払うことに損に感じてしまうのか。

サラリーマンだった頃を思い出してみると、既に給与から天引されているため痛税感はそれほどなかったはずです。

独立・起業していると後から自分で計算して払うため、損しているように感じるのではないでしょうか。

損した気分にならない方法はあるのでしょうか。

最初から減らされていれば気にしない

なるほどなあ、と思ったのがサラリーマンとフリーランスの税金の取られ方の違いを表した一文です。

会社員が、給料から税金を天引きされるシステムは、最初からケーキをまるごともらうのではなく、自分の分のケーキだけを切り分けてもらった状態です。ところが、フリーランスが手元のお金から税金を支払うのは、お皿に盛られたケーキを目の前に出されてフォークを刺そうとした瞬間に、横からケーキの一部を取られている状態に近いのです。

源泉徴収というのは本当によくできた制度です。

良くも悪くも、「税金を納めている」という感覚がないのが特徴です。

フリーランスの場合、1年間必死で稼いできて、最後にがっつり取られるので損した気分になりやすい。

実際は、先に自動で徴収されるか、自分で納めるかの違いにかかわらず、です。

「経費にできる」が口癖でも実際節税になっていない場合が多い

たまに、フリーランスで何でもかんでも経費にする人の話を聞きます。

「節税になるから」が口癖のようです。

先日、節税に関して記事を書きましたが私はこの言葉に違和感があります。

法令に従って適性に計算された税額は節約しようがないからです。

この本には、経費と税金について、分かりやすく下記のように書かれていました。

ケースにもよるのですが、節税になるのは、経費で購入した金額の40%くらいのイメージでしょうか。売上が少ないと、節税効果はもっと少ないイメージです。そのため「経費は4割引でモノが買える」とイメージしてみてください。経費で20万円のパソコンを買えば、40%オフの12万円で買ったことになります。

税金は、(売上−経費)☓税率

で計算されます。

勘違いしている人が多いのが経費にした分がそのまま節税につながるという考えです。

実際は所得に応じて経費の額に税率(所得税・住民税合算で15%~55%)を掛けた額が節税となります。

なので実際減っているお金(税率40%の人であれば、60%部分)も認識しなければいけません。

4割引きになっているからといって、スーパーで要らない見切り品のキャベツを大量には買わないですよね。

プライベートの交際費や娯楽費など見境なく経費にしていくことも上記と同じで節税とは言えず、ただの無駄遣いというのがイメージ的に分かります。

税金も含めて普段の数字の管理をしていこう

ちょっと話はずれましたが、「税金を払うのは損」と感じてしまう方は常に税金も含めて普段の数字を管理してみましょう。

ざっくりとでもいいので、月の売上・経費を集計して月間の利益を出す。

月間の利益をもとに、年間の利益予想を算出してみる。

その年間の利益から、大体の税率を確認します。(例えば、フリーランスで年間利益が1,000万円であれば所得税・住民税合算で28%程度です)

その税率を月間の利益に掛けて予め税額を算出して天引きしてしまうのです。

やっていることはサラリーマンの源泉徴収と一緒ですね。

常に税金も含めて数字管理していけば、納付のときに「損している」感じは減らせるのではないでしょうか。

まとめ

最近は、フリーランスや起業家だけでなく副業を行っている会社員の方も確定申告をする機会が多いので尚更「損している」と思う人が増えているのではないでしょうか。

副業であっても儲かったら税金を払う、という原理原則は変わりません。

細かい計算は必要ないので自分の所得に対しておおよその税率・税額はいくらなのか、常に把握しておけばお金のコントロール力も上げられますし、損している感も減らせるでしょう。

この本には他にもフリーランスが3つの自由(時間、仕事の裁量、収入)を獲得していくための心得など同じフリーランスとしてほしかった情報が詰まっています。

税金やお金、会計ソフトなど実用的なことについても詳しく書かれているのが特徴です。

そうそう!と思える部分が多いのでこれからフリーランスを目指す方、既にフリーランスとして活躍されている方にもお勧めです。

編集後記

本日は雪にもかかわらず、朝早くお客様が新しい役員の方を連れて事務所近くまで来てくださいました。

クラウドシステム、IoT、人間工学など新しい分野のお話を聞くことができ、常に進歩し続けていく姿を見て自分も鼓舞されました。

午後は確定申告作業、など。

Today’s New

仮想通貨の取引所に置いてあるビットコインをイーサリアムに交換、その後取引所からハードウォレットへ送付

コインチェック騒動後、秘密キーがオンライン上にさらされていることにリスクを感じ、ハードウォレットへすべて移しました。


横浜市神奈川区のクラウド会計専門「戸村涼子税理士事務所」

クラウド会計導入支援、ネットビジネス・海外取引・仮想通貨取引に力をいれております。主に個人事業主様・中小企業の社長様向けにサービスを提供しております。 事務所ホームページはこちら 代表プロフィール 事務所の特徴
【税務メニュー】
税務顧問
単発決算・申告
単発税務相談
単発税務メール相談
【コンサルティングメニュー】
クラウド会計導入コンサルティング
自力決算・申告コンサルティング
個別コンサルティング



<広告スペース>