持ち家VS賃貸論争に巻き込まれないために。損得ではなくて家が欲しいかどうかで判断する

持ち家VS賃貸論争に巻き込まれないために。損得ではなくて家が欲しいかどうかで判断する
Pocket

【2020年10月、11月開催 オンラインセミナーについて】
10月、11月に2つセミナーを開催します!
日程は2つのうちいずれかを選択できます。
ご興味ある方はどうぞ。

日付内容
2020/10/17(土)、2020/11/21(土)クラウド会計freeeで確定申告をしたい個人事業主のためのWebセミナー
2020/10/3(土)、2020/10/17(土)独立5年目のひとり税理士が語る!小さくても生き延びる秘訣Webセミナー

持ち家VS賃貸論争をあちこちで見かけます。

家は人生で一番大きな買い物となりうるものであり、それだけ関心を集めるのも無理はないでしょう。

私自身も、今は賃貸派ですが以前家の購入を検討したこともあり

この論争にはなかなか答えを出せずにいました。

しかし、以下の2冊をこの週末に読んで、この論争に対して私なりの一定の見解を出せました。

一冊目は橘玲さんが書いた本です。

この本には、不動産投資をはじめとした資産運用の基本となることが書かれています。

少々過激な?記述もありますが(特に税金部分)、資産運用の入門書に最適です。あ、そっか!と私も基本的なことを見過ごしていた部分が多かったです。

二冊目は社会派ブロガーこと、ちきりんさんの書いた本です。

この本はボリュームがないので30分程度で読めてしまうと思います。

実際の中古マンション購入後のお話や、家を買う基準がわかりやすく書かれています。

この2冊を読めば、巷で話題となっている持ち家VS賃貸の論争に巻き込まれなくて済みます。

私が得られた一定の見解を書きますので、

持ち家、賃貸で迷わられている方の参考になれば幸いです。

結論:買いたければ買えば良い

身も蓋もない結論ですが・・・家は、買いたければ買えば良いと思っています。

問題なのは、

「買ったほうがお得?賃貸のほうがお得?」

と金銭で考えてしまうことです。

橘さんも書いていますが、

市場経済というのは本当によくできていて、持ち家だろうが賃貸だろうがそこまで損得に大差はないのだそうです。

というよりも、環境の変化、資産価値の変化、利率の変化、修繕の頻度など不確定要素が多すぎて、損得を計算するのは事実上不可能です(むりやりシミュレーションするしかない)。

なぜこのような不確定事実を考慮してまで損得を計算したいのでしょうか。

「自分の判断が正しかった」と思いたい

それは、「自分の判断が正しかった」と思いたいからではないでしょうか。

私は現在賃貸派なのですが、次のことを言われるときがあります。

  • 家賃を払い続けても何も残らない。もったいない!
  • 自分の家があるという安心感は大きい
  • 年をとったら家ないと辛いでしょ

すでに家を購入している人に多い意見ですね。

賃貸派は賃貸派で、

  • 30年住み続けて残ったものは本当に「資産」なのか?
  • 家を購入する代償である「不自由」が耐えられない
  • これだけ空き家が増えているのに借りる家がない状態は考えにくい

など、それぞれ意見があります。

どれも一理ある意見です。

結局のところ、「自分が選んだ道が正しかった」と皆思いたいのではないでしょうか。

そうであるならば、他人にどう言われようと、損しようと、

買いたければ買う、これが一番の戦略となるでしょう。

(買うにあたって具体的にどんな条件(頭金など)が揃っていればよいかは、ちきりんさんの本に詳しく書かれています)

住宅購入は、投資ではない

橘さんは住宅購入を「株式投資と同じ」と書いているのに対し、ちきりんさんは真逆のことを書いていたのが対照的でした。

私自身はちきりんさんと同じ意見で、住宅購入は、不動産(株式)投資ではないと思っています。

自分が住む家を買うのと、安く買って高く売ることを考えて買うのでは、事情が全く異なります。

とはいえ、最低限わかりうる範囲で家を購入したあとの生活費に占めるローン返済の割合や、修繕等の追加コストを考え、常にキャッシュフローと財務状況を意識することは必要と考えています。

(ただこれは賃貸に住んでいる方でも一緒ですね)

「住宅に対するこだわり」が結局のところ一番大事

想定しうる範囲でキャッシュフローと財務状況を検討して、あと購入の判断にすべきなのは損得ではなくて

「こんな家に(家族と)住みたい」という積極的な購入理由、こだわりでしょう。

人にどう言われようと

自分は作家さんが住むようなアトリエ風の家にするんだ!

趣味のフィギュアを家全体に飾れるような家にするんだ!

とこだわりをもって購入できる人であれば、きっと少しの想定外な事態で損することがあっても

後悔しないのではないでしょうか。

(上記の例だと家族からの反対がすごそうですが)

繰り返しになってしまいますが、

周りから「こっちが得だよ!」と言われても

「買いたければ買う(購入後のキャッシュフロー・財務状況に無理ない範囲で)」。

これが一番というのが、私が出した結論です。

 

まとめ

持ち家VS賃貸論争について、参考となる本を2冊読んで一定の見解が出たので書いてみました。

私自身は先程も書いたとおり賃貸派です。

元々実家は持ち家(一軒家)でしたが、だからといって自分も一軒家に住みたいという願望はありません。

今も思い出すのですが、綺麗なモデルハウスを見に行ったときに

(綺麗なシステムキッチンを前に)「奥様、ここで得意な料理、たくさんできますね!」

と営業さんに言われたときに

「私、料理あまり得意じゃないんで・・」

と正直に答えて場が固まったことがありました^^; うん、購入しなくてよかった。

編集後記

土曜日は、レンタルスペースのお掃除、その後打ち合わせ。

 

最近のあたらしいこと

全力法人税で分割基準を適用した申告書作成


【税務メニュー】

税務顧問
単発決算・申告
単発税務相談
単発税務メール相談

【コンサルティングメニュー】

クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング

【動画販売】

フリービズコンサルティング販売ページ

【Youtube始めました(毎週水曜日更新)】

ひとり女性税理士チャンネル


<広告スペース>