iPad + Apple Pencilでペーパーレス化を進める

  • 2018.02.06
  • IT
iPad + Apple Pencilでペーパーレス化を進める

去年、PCをWindowsからMac(MacBook Pro)に変えると同時に、iPadとApple Pencilを購入しました。

税理士という職業柄、紙を取り扱うことが多いのですがクラウド上(Dropbox、Google Drive、Evernoteなど)でデータ管理したり、電子申告、電子納税をフル活用するなどペーパーレス化を図っていました。

ただ申告書などの書類のチェックはやはりデータ上では不安なので、紙に打ち出して手書きでチェックをしていました。

iPad + Apple Pencilを購入してからは書類のチェックもデータ上で行えるようになりペーパーレス化が一段と進みました。

思った以上に精度が良い

Apple Pencilは正直「タッチペン」(DSなどで使うペンのイメージ)くらいのものだろうと思っていたのですが使ってみて、その精度の良さに驚きました。

普通に紙で書いているのと変わりません。滑らかです。

一番ストレスになりそうな、ちょっと触っただけで反応してしまうとか、そういうこともありません。

書類がデータ上でチェックできるので印刷しなくて良い

iPadとApple Pencilを買って一番良かったのが書類のチェックがデータ上でできることです。

申告書ともなると、印刷するとものすごい量の紙になります。

それをデータ上でチェックできるのは本当に助かります。

紙の廃棄も大幅に減らすことができました。

執筆をしている方であれば原稿チェックにも役立ちます。

お絵かきや、写真にメモも

ちょっとしたお絵かきだったらすぐに書けるのも魅力的です。

パワポにするのが面倒だったり、ブログにちょっとしたイラストを載せたいときに。

↓先日の節税関連のブログに載せようと思っていたイラスト。(ボツになりましたが)

お客様との面談も、パソコンでカタカタやるよりは書いている(ように見える)方が印象よく思われるかもしれません。

プライベート写真に手書きを加えて思い出に

写真もこんな感じで手書き風にアレンジできます。

仕事で手書きはとにかく面倒で嫌なのですが、プライベートでは手書きが好きなので、

こういった形で手書き風をデジタルで保存できるのはなんとも嬉しい限りです。

(最後にバカ親すみません)

まとめ

思った以上にiPad+Apple Pencilがペーパーレス化に役に立っているので(特に今の確定申告時期)記事にしてみました。

iPadに標準に搭載されているメモアプリでもApple Pencilは使えますが、私は「UPAD with iCloud」というアプリを使っています。

まだ使いこなせていないのですが、スクラップやデコレーションなど多彩な機能が揃っています。

敢えてデジタルカレンダーを手書き風に作ってみるのも面白いかもしれませんね。

編集後記

今日は、午前中2件Skypeで相談受付。

1件目はこれから非居住者になる方の税金相談。2件目は北海道在住の方で仮想通貨の税金相談でした。

午後は法人の修正申告書と更正の請求書を作成。法人事業税の分割基準で修正がありました。気をつけなくてはいけない部分で、今後間違えないように間違いノートに記録。

Today’s New

JDLで法人の修正申告書を作成


横浜市神奈川区のクラウド会計専門「戸村涼子税理士事務所」

クラウド会計導入支援、ネットビジネス・海外取引・仮想通貨取引に力をいれております。主に個人事業主様・中小企業の社長様向けにサービスを提供しております。 事務所ホームページはこちら 代表プロフィール 事務所の特徴
【税務メニュー】
税務顧問
単発決算・申告
単発税務相談
単発税務メール相談
【コンサルティングメニュー】
クラウド会計導入コンサルティング
自力決算・申告コンサルティング
個別コンサルティング



<広告スペース>