以下のセミナーを予定しています!

詳細&お申込は以下のページよりお願いいたします。

  1. 2022/8/30 ブログ入門セミナー

電子帳簿保存法をはじめ、

最近は会社内のあらゆる手続の電子化が注目されています。

電子化はそれ自体を目的にするのではなく、

業務全体の効率化を考えた方が良いと思っています。

 

完全電子化を一番に勧めなかった理由

今年の1月に、「速解!年末調整の電子化」という本を書きました。

年末調整の電子化の方法と、その手順、注意点をまとめた本です。

速解! 年末調整電子化ガイド | 戸村 涼子 |本 | 通販 | Amazon

 

国税庁のHPでは、

無料の年末調整の電子化ソフトである「年調ソフト」

を使った方法が「完全電子化」として「効率化効果No.1!」

掲げられています。

出典:年末調整手続の電子化に関するパンフレットについて|国税庁

著者としても、これを一番に勧めたほうが国に忖度?できたかもしれませんが

しませんでした。

効率化効果No.1とは思えないからです。

 

その理由は色々ありますが、

  • 年調ソフトがインストール型ソフトであること
  • 年調ソフトは控除申告書データの作成までしかできないこと
  • ほとんどの給与計算ソフトに年調ソフトのデータをインポートできないこと
  • 電子申告機能がないこと
  • マイナポータル連携が非常に手間であること

などです。

控除証明書、控除申告書をすべて電子化できたからといって、

効率化にはつながらないのです。

 

業務全体の効率化を考える

結果として、上記の本では

一部紙を残した案(クラウド給与計算ソフトを使った方法)をベストと紹介しています。

そのほうが、業務全体の効率化を目指せるからです。

 

最初から業務全体の効率化を目指せるシステムを

選び、システムに合わせて人が変わる

ことが大切と考えています。

 

効率化を目指せないシステムを使い続け、

一部だけ電子化しても

経理の手間が増えるだけです。

 

電子化は単なる手段であって、

業務全体の効率化を意識した制度設計が大切と考えています。

 

まとめ

年末調整の完全電子化を本で勧めなかった理由を書きました。

大切なのは業務全体の効率化ですので、

電子化自体を目的にしないことが大切ですね。

 

編集後記

ちょっと昔懐かしい写真が撮れる、

オールドレンズを楽しんでいます。

「こういう写真が好きなんだなあ」という気づきにもつながってます。


【税務メニュー】

税務顧問(現在受付停止中)
クラウドオピニオン(セカンドオピニオン)
スポット相談(オンライン)
スポット相談(メール)

【コンサルティングメニュー】

クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング

【動画販売】

フリービズコンサルティング販売ページ

【Youtube始めました(毎週水曜日更新)】

ひとり女性税理士チャンネル


<広告スペース>
以下のセミナーを予定しています!

詳細&お申込は以下のページよりお願いいたします。

  1. 2022/8/30 ブログ入門セミナー
« »