強い会社には、守りを固める経理総務が必須

強い会社には、守りを固める経理総務が必須
Pocket

【2020年11月開催 オンラインセミナーについて】

日付内容
2020/10/3(土)締め切りました、2020/11/7(土)独立5年目のひとり税理士が語る!小さくても生き延びる秘訣Webセミナー

独立して様々なステージの会社を見てきて思うことは、

強い会社には、守りを固める経理総務が必須だな、

ということです。

どんなに売上を伸ばしていても、

守りがガタガタであれば会社は回りません。

会社の経理総務を経験した後、独立して自分の事業を管理し、

様々なお客様の会社を見てきてこれだけははっきりしていると言えます。

経理総務を経験していた頃に感じたこと

税理士として働く前、企業の経理総務を8年間くらい経験しました。

小さな会社から、上場している大きな会社まで。

経理総務の仕事というのは本当に地味で、コツコツしたものです。

ですのでなかなか周り(営業部門など)にその大切さがわかってもらえません。

こんなことがありました。

  • 資金繰りが厳しくて社長と一緒に金融機関を奔走した
  • 経費精算を期日までに出してくれない営業マンの方に何度もお願いしてウザがられた
  • 使途不明金だらけの経費精算を提出する外国人上司に質問攻めをしなければならなかった
  • 社会保険の計上と引き落としが合わなくて残業した
  • 給与計算を間違えて従業員の方に何度も謝った
  • 監査法人から何度も質問され決算中は仕事が進まない

などなど。

ですので

「経理総務って、頑張ってもあまり周りからは評価されないし、モチベーション上がらないな・・」

なんて思っていました。

独立して、わかった経理総務の大切さ

でも、独立して自分の事業を管理し、いろんなお客様の会社を見てきて

経理総務の大切さがようやくわかりました。

毎月の請求、支払を確実に行い、

ぐちゃぐちゃに貼られた領収書を見ながら1円も間違わずに経費精算を行い、

カオスな給与計算・社会保険手続きを正確に行い、

なかなか電子手続きが進まない入退社手続きを行い、

住民税・源泉所得税の支払を確実に行う

ことって、全然「やって当たり前」「できて当たり前」じゃないんですよね。

恐らく、そういったことをしているということすら

経理総務以外の方は知らないのかもしれません。

会社が回るのは、経理総務の地道な支えがあるからこそ

以前、

「経理総務に支払うお金がもったいなくて・・」

と、経理総務担当を雇っていない、税理士も依頼していない

ある程度の規模の会社から相談があったのですが、

源泉所得税は支払っていないので不納付加算税をかなりの額請求されたり、

役員報酬も適当に払っていたため費用にできなかったり、

そもそも会計記帳すらきちんと行われていなかったので銀行からの借入もできない、

などなど惨憺たる状態でした。

このようなことを目の当たりにして、

会社が回るのは、経理総務の日々の支えがあるからなんだな・・

と確信したのでした。

経理総務をないがしろにする会社は強くはなれない。

いまだったらはっきりと言えます。

 

まとめ

強い会社には、守りを固める経理総務が必須と思うところを書きました。

遅きですが、

自分がやっていた経理総務という仕事の大切さを知ることが

できたのも、独立してよかった点です。

 

編集後記

3月に予約していたシンガポール旅行の2週間分のホテル代金はいまだにホテルに預け中。

今年度いっぱいは預かってくれるということでしたが

年内に行けるかも怪しいので

「返金してくれても良いよ」

と伝えたところ、

「来年4月まで預かるよ!」

という返事が帰ってきて・・返金はしてくれないのだね、そうなのだね。

 

最近のあたらしいこと

オイルストーブレンタル検討


【税務メニュー】

税務顧問
単発決算・申告
単発税務相談
単発税務メール相談

【コンサルティングメニュー】

クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング

【動画販売】

フリービズコンサルティング販売ページ

【Youtube始めました(毎週水曜日更新)】

ひとり女性税理士チャンネル


<広告スペース>