浴衣を作ってみました。「らしさ」を見直してみよう

浴衣を作ってみました。「らしさ」を見直してみよう
Pocket

浴衣を作ってみた

最近、「和」が気になっていて、思い立って浴衣を作ってみました。

(帯は通販で購入)

作ってみて、やっぱり「和」らしさがあるな〜と

勉強になったので、ビジネスでも「らしさ」は大事と思ったことを書きます。

日本の丁寧な心が感じられた

浴衣を作ってみて一番大変だったのが、実は裁断です。

長い布を使い切るように切ります。(一反の単位の反物もよく使われます)

当然型紙も切り貼りして長−いものをつかいます。

(場所が足りないので息子の部屋を使わせてもらった)

これって、

「布をきちんと使い切る」

という日本の丁寧な心が現れていると思ったんですよね。

あと、浴衣のパーツに「衽(おくみ)」というものがあることも初めて知りました。

衽というのは、襟下につける長い布です。

なぜこのようなものをつけるかというと、浴衣は前布を重ねて着るので、

重ねる部分を多くして着付けしやすくするためと知りました。

更に、女性の和服の場合には、袖と脇の間に、「身八つ口」という切れ目があり、

袖もふわーっと広がる仕立てになっています(「振り」部分)。

男性は「人形」といって、袖はピッタリしていて、身八つ口もありません。

このせいか、女性の和服のほうが優雅な感じの作りになっています。

きれいに着こなすための工夫がこんなに凝らされているんだな〜と。

和服ってほんと「らしさ」がある・・奥深い・・と感動しました。

「らしさ」を大切にしよう

日本のこういう文化って、もっと見直されて良いんじゃないかなあ、と思ってます。

外国人から見たら、こういった日本人「らしさ」がとてもクールで魅力的にうつるんじゃないかと。

一方、ビジネスでも「らしさ」が大切だと思っています。

自分では意識していなくても、「らしさ」って出ていると思うんですよね。

先日、久しぶりに連絡いただいたお客様から

「HP、先端行っててかっこいいですね!それと同時にブログで「らしさ」も出ていて良いです」

とおっしゃっていただきました。

ビジネスでは新しいものをなるべく試して先端を目指し、

一方でプライベートではアナログなこと(浴衣づくりとか)やっている。

それが私らしさと褒められているようで嬉しかったです。

自分でも気づかない「らしさ」を確認したいのであれば、

周りに聞いてみるのも良いと思います。

必ずひとつはあるので、そのらしさを上手くビジネスにも活かしていく

と楽しいと思います。

 

編集後記

昨日は、少しお仕事をして近場の博物館へ。

横浜開港の資料をゆっくり眺められて、楽しかったです。

 

最近のあたらしいこと

Axie Infinityで遊ぶ

 

Youtube更新情報(毎週水曜日更新)

最近読んだマイケル・サンデル先生の「実力も運のうち」が面白かったので、

共感した理由を語ってみました。


【税務メニュー】

税務顧問(現在受付停止中)
クラウドオピニオン(セカンドオピニオン)
スポット相談(オンライン)
スポット相談(メール)

【コンサルティングメニュー】

クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング

【動画販売】

フリービズコンサルティング販売ページ

【Youtube始めました(毎週水曜日更新)】

ひとり女性税理士チャンネル


<広告スペース>