「今ちょっとお時間よろしいですか」電話はもうやめませんか

「今ちょっとお時間よろしいですか」電話はもうやめませんか
Pocket

基本的に鳴った電話には出ないのですが(必要に応じてかけ直す)、

うっかり出てしまったときに

「今ちょっとお時間よろしいですか」

電話だったときにはがっかりしてしまいます。

しかもそれがメールで済むこと、営業だったらなおさらです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「今ちょっとお時間大丈夫」な人はいるのだろうか

電話をかけてくる方が決まって言うのが

「今ちょっとお時間よろしいですか?」

という言葉です。

いつもこの言葉聞くと

「今ちょっとお時間大丈夫な人」

ってどれくらいいるのだろう、と思ってしまいます。

(「いや、大丈夫なわけないでしょ」と思いつつ、出てしまった自分を後悔するという。。。。悔しき。)

実際に日中、電話が鳴って準備OK!な人は

ほぼいないと思うんです。

仕事に集中しているのはもちろんですが、

リモートワークが当たり前の昨今、

食事の準備をしていたり、

家族と大切な時間をとっていたり、

少し休憩していたり

している方も多いと思うのです。

電話をかけてくる方だって、

上記のことをしているときに

メールで済むこと、

自分と関係ない営業電話がかかってきたら相当嫌でしょう。

営業ノルマとか自分の要求を満たすことのほうが大事で、相手はどうでも良いのでしょうか、、

そしていまは昭和でなく、令和。デジタル社会です。電話以外の代替は多くあります。

(税務署さんの連絡も電話・FAX(←ていうか持ってない)でなくメールにしていただきたい。)

お客様の大切な時間を奪うわけにいかない

お客様への連絡で、

緊急的なものは私も電話又はZOOMにしています。

絶対に電話がだめ!というわけでなく、電話で話した方が有効な場合もあるとは理解しています。

もちろんこの場合、事前にメールやSMSで連絡をして

電話・ZOOMをする日時を指定しています。

(ただ、緊急の連絡はそもそも年に1度あるかないか)

ましてや、

メールやチャットで済むこと

はメール・チャットで必ず送ります。

大切なお客様のお時間をとるわけにはいきません。

逆に、メール・チャットで済むことをじゃんじゃん電話でしてくるような

お客様とは仕事をしていません。

時間の価値観は一致させておいたほうがお互いのためです。

もう、「今ちょっとお時間よろしいでしょうか」電話はやめよう

もう、いい加減「今ちょっとお時間よろしいでしょうか」電話はやめませんか。

なぜか、IT利用を進めている会社でも

電話連絡をしてくるのではなぜでしょうか。

電話でないと怒り出す人がいるのでしょうか。

しかし、逆の人間がいることもわかって欲しいです。

大切な話であれば、時間を決めて電話するか、ZOOMで良いのではないしょうか。

せめて選ばせていただければ。

このデジタル社会で、

言った・言わないの問題になる電話を使う意味は

ほぼないと考えています。

ひとり税理士の遠吠えかもしれませんが、

電話に対する熱い思い(色んな意味で)を語らせていただきました。

 

編集後記

昨日は、お客様とZOOMミーティング。

途中脱線して家計簿アプリの話になり、盛り上がりました。

 

最近のあたらしいこと

Sandboxでゲーム


【税務メニュー】

税務顧問(現在受付停止中)
クラウドオピニオン(セカンドオピニオン)
スポット相談(オンライン)
スポット相談(メール)

【コンサルティングメニュー】

クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング

【動画販売】

フリービズコンサルティング販売ページ

【Youtube始めました(毎週水曜日更新)】

ひとり女性税理士チャンネル


<広告スペース>