レンタルスペース運営事件簿

レンタルスペース運営事件簿
Pocket

今年の6月から、自分も利用するレンタルスペースを運営しています。

自宅兼事務所で3年。もう一つの場所として「貸スペース」を作った理由

ゲストに貸す以外は、

自分がセミナーを開催したり、

お客様の打ち合わせにも利用しています。

運営がだいぶ落ち着いてきたのですが、

ときにはちょっとしたトラブルもありましたので、

書いてみたいと思います。

 

事件簿① 所有者不明の物が増えていく

レンタルスペースを運営していて、よくあるのが

「利用者の忘れ物」

です。

レストランなどであれば「また取りに来てください」と言えると思いますが、

時間貸しなのでそれは言えず・・。

というわけでいつ処分していいものやら、と保管しています。

↓今までの忘れ物

  • 整髪料
  • 靴ベラ
  • メイク道具
  • 紙コップ

事件簿② 器物破損

何組か利用があった次の日に訪れたところ、

部屋内に置いてある植木鉢が床に落ちて破損していました・・。

特に掃除した形跡もなく、破片もそのまま。

危ないので床掃除を急いでしました。

たまたま自分が行ったのでよかったのですが

次のゲストが入ってしまったらクレームが入っていたかもしれません。

その他、ドアに飾っていたオーナメントが床に落ちていて破損していたことも。

完璧に片付けなくても良いですが、

連絡くらいはほしいかな、と思いました・・。

今後は利用の注意書きをしっかり書かないと駄目かも。

 

事件簿③ 鍵がない!と連絡

鍵の受け渡しは直接やっておらず、ドアノブにかかっているキーボックスを

開けて施錠をしてもらっています。

あるとき、利用者から

「ドアノブに鍵がかかっている、とメールに書いてあったんですけどないです!」

と連絡が。

ひととおり話したところ、

「違う階の違う部屋の前」

にいらっしゃることが判明し、解決しました(なぜ、そこに?)。

その他、「暗証番号合わせてるんですけど開かないです!」とか(こちらは勘違いでした)。

スマートロックだったらこういった問題は起きないのかなあ、と。

 

事件簿④ トイレ閉じ込められ未遂

自分が利用していたときに、急遽トイレのドアが開かなくなってしまいました。

(後で不動産やさんに聞いたところ中でビニール袋がつっかかえていたとのこと)

外からだったからよかったのですが、もし中にいたら・・・

次の利用者が来るときまで閉じ込め状態だったかもしれません(^_^;)

しかもトイレの中から「助けてくれー」なんて恥ずかしい・・外から気づいて本当によかったです。

レンタルスペースが入っているビルはそこそこ古いので

こういったことも起きるのかなと。定期的なメンテナンスは必要ですね。

 

まとめ

レンタルスペースであったトラブルをまとめました。

ダブルブッキングなど、深刻なものはいまのところないのですが

ちょこちょことしたトラブルはありますね。

楽しく乗り越えていきます。

 

編集後記

昨日は、パスポートセンターへパスポートを更新に。

並ばなくて済みました。

 

最近のあたらしいこと

とある業種の方からの相談


【税務メニュー】

単発決算・申告
単発税務相談
単発税務メール相談

【コンサルティングメニュー】

クラウド会計導入コンサルティング
個別コンサルティング


<広告スペース>